「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本女子サッカー選手権2回戦



 忙しさを言い訳にしているうちに、気がつけば、もう2週間以上もブログを更新しないままでした(汗)。遅ればせながら、この間のことを振り返ってみようと思います。

 まずは13日に行われた全日本女子サッカー選手権2回戦。レベルファイブスタジアムでは、福岡J・アンクラスが福井工業大学附属福井高校の挑戦を受けました。福井高校は、常盤木学園、神村学園の2強がリードする高校女子サッカー界にあって2番手グループに属するチーム。近年、着実に力をつけており、トップグループに追いつく勢いのあるチームで、アンクラスにとっては決して簡単な相手ではないと思っていました。

 案の定、局地戦に持ち込んで勝負しようとする福井高校のペースにまんまとはまったアンクラスは、バタバタと慌ただしい展開で自分たちの優位性を発揮できず。前半は、先制点を奪われてもおかしくないシーンを作られてしまいました。最終的には1-0で勝利したものの、河島美絵監督はお冠り気味。相手をいなしてサイドアタックを仕掛ければ問題はなかったのですが、ムキになって中へ、中へと仕掛けたことが苦戦の原因でした。

091213_2.jpg
091213_3.jpg
 それでも、私にとっては、彼女たちが逞しくなったという印象の方が強い試合でした。ピンチの場面では体を張って防ぎ、ハーフタイムを挟んで戦い方を変えて流れを引き戻した姿は、連係ミスであっさりと失点し、あるいは、悪い流れのままにズルズルと敗れていた昨年とは全く違う姿。内容は悪くても結果として勝利を得られたのは、厳しいリーグ戦を勝ちぬいたことで、そのレベルがひと回り大きくなったからにほかなりません。

 だからと言って、Div.1でも通用するのかと言えば、それはまた別の次元の話。監督からの指示を待つのではなく、自分たちで試合の流れを感じ、思うようにならない原因を見極め、そして、流れを引き戻す力を身につけなければなりません。そういう意味では、アンクラスは、まだまだ発展途上のチーム。変化を実感しながら、変化したからこそ見えてくる課題にチャレンジすることを繰り返していかなければなりません。それが、Div.1に定着する道だと思います。

 さて、アンクラスに先だって行われた神村学園とJFAアカデミー福島の対戦も非常に興味深いものでした。神村学園は高校女子サッカー界を代表するチーム。そしてJFAアカデミー福島は、日本サッカー協会が6年間かけて英才教育を施すことを目的として作られたチーム。それは、かつての高校チーム対クラブチームの図式にも似た戦いでした。結果は5-1でアカデミーが勝利しましたが、その差はスコア程のものではなかったように思います。違ったルート、違った方法で強化するチーム同士が切磋琢磨することで、女子サッカー界にも新しい風が吹くのではないかと期待しています。

091213_4.jpg 091213_5.jpg 091213_6.jpg
<
全日本女子サッカー選手権のレポートは 2002world.com に掲載中です。
全日本女子サッカー選手権特集ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

全日本女子サッカー選手権開幕



 Jリーグの終了とともに始まるのが、各カテゴリーのチャンピオンを決定する大会。今年も、天皇杯全日本サッカー選手権、全日本女子サッカー選手権、全国地域リーグ決勝大会、高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権、インカレ男女、全国高校サッカー選手権、全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権等々、数多くの大会が年末年始にかけて行われます。Jリーグが終わってもサッカーは終わりません。

 そして6日、第31回全日本女子サッカー選手権が開幕しました。420チーム・8545選手の参加による各地域予選を勝ち抜いた16チームと、なでしこリーグDiv.1、Div.2の16チーム・370人の合計32チームによってトーナメント戦で行われる大会で、女子の大会では最大規模。全国各地で各ラウンドを消化し、決勝戦は1月1日に国立競技場で天皇杯決勝戦に先立って行われます。九州勢としては、なでしこリーグ所属の福岡J・アンクラスとルネサンス熊本、ジュ・ブリーレ鹿児島、そして大分トリニータレディース、神村学園の5チームが参加しています。

 始発電車に揺られて行ってきたのは島根県サッカー場。第1試合は大分トリニータレディースと狭山FCの対戦でした。大分は、今シーズン九州リーグ1部に昇格と同時に優勝。更には春に行われた九州なでしこでも優勝するなど、チームの歴史を数々塗り変えての初出場でしたが、なでしこリーグ所属の狭山との力の差はいかんともしがたく、0-11という大差で完敗。しかし、後半は押し込む時間が増えるなど健闘ぶりを見せる時間帯も作りました。なでしこリーグDiv.2廃止に伴う「チャレンジリーグ」への参加は見合わせていますが、来シーズン以降も、上位のカテゴリーほ目指しての活動を続けるそうです。

 そして、我らが福岡J・アンクラス。こちらは四国代表・愛媛女子短大のチャレンジを受ける戦いでしたが、80分間(1~3回戦)ら渡って8割方ボールを支配。13分、27分に藤本優希が2ゴールを挙げて力の差を見せつけると、67分にはゴール真央のこぼれ球を葛間理代が押し込んで3-0で愛媛女子短大を一蹴。こちらも、狭山同様に、個々の技術の高さ、攻守の切り替えのスピードの速さ、プレッシャーの強さ等々、あらゆる面で、なでしこリーグの力の差を見せつけて勝利を手にしました。

 しかし、「ボール回しのためのボール回しに終始して仕掛けが足りなかった」とは河島美絵監督。指導者研修参加のために、練習を指揮せずに本番でチームに合流するというスケジュールでしたが、「2回戦までの1週間でチームを作り直す。まずは3回戦まで進んで、ベレーザ相手にどこまでやれるのかを見たい」と話してスタジアムを後にしました。
 なお、他会場の結果と2回戦の組み合わせは以下の通り。みなさんも、是非、お近くのスタジアムに足を運んでください。よろしくお願いします。

【1回戦の結果】
日ノ本学園高等学校  3-7  早稲田大学
ジュ・ブリーレ鹿児島  1-4  常盤木学園高等学校
ASエルファン狭山FC  11-0  大分トリニータレディース
バニーズ京都SC  1-6  神奈川大学
清水第八ブレアデス  5-0  ASC adoma
伊賀FCくノ一  2-0  大阪桐蔭高等学校
JFAアカデミー福島  7-1  ルネサンス熊本FC
愛媛女子短大  0-3  福岡J・アンクラス

【2回戦(12/13)組み合わせ】
大原学園JaSRA女子SC vs. 早稲田大学  ユアテックスタジアム  11:00
常盤木学園高等学校 vs. 藤枝順心高等学校  ユアテックスタジアム  13:30
日テレ・メニーナ vs. ASエルファン狭山FC  西京極陸上競技場  11:00
神奈川大学 vs. 常葉学園橘高等学校  西京極陸上競技場 13:30
岡山県作陽高等学校 vs. 清水第八ブレアデス  島根サッカー場 11:00
伊賀FCくノ一 vs. 吉備国際大学  島根サッカー場 13:30
神村学園高等部 vs. JFAアカデミー福島  レベルファイブスタジアム 11:00
福岡J・アンクラス vs. 福井工大福井高等学校  レベルファイブスタジアム 13:30

岡山、地元・新潟を下して初優勝を飾る

女子サッカーで岡山県勢として初めての優勝を果たした選手たち。決勝戦は自分たちの力を余すことなく発揮した。

 いま新潟に来ています。目的は国体女子サッカーの取材。愛媛戦当日に夜行バスで大阪へ移動して、伊丹空港から朝一番の飛行機に飛び乗りやって来ました。国体の取材は今年で4回目。地元ボランティアの方たちの温かなホスピタリティに触れられることと、アマチュア選手だけによる大会の雰囲気が、自分が選手(軟式テニス)として出場していた大会の雰囲気を思い出させてくれるのが好きで、毎年、楽しみにしている取材の一つです。新潟のおいしいお酒と食べ物とともに、今年も国体を満喫しています。

 さて、女子サッカーの部は27日に開幕。昨日の3位決定戦、決勝戦で全てのスケジュールを終えました。優勝を争ったのは、昨年度3位の岡山県と、昨年の覇者・埼玉県を準々決勝で破った地元新潟県。ともに、なでしこリーグのメンバーを中心にするチームの対戦でした。戦前の予想では前へ出る新潟と、それを受けて戦う岡山という図式が予想されていましたが、試合開始とともに高い位置から守備を仕掛けた岡山が試合を支配して新潟の良さを出させることなく3-0で完勝。この種目では岡山県勢として初優勝を飾りました。

高い位置からの守備。シンプルに裏へ抜け出して常に相手に脅威を与え続けた攻撃。中出ひかり(青3)の活躍はMVPの名がふさわしい。
秋葉夢子とともにゴール前に鉄壁の壁を作った井関夏子(青6)。この日は貴重な先制ゴールも挙げた。
 なでしこリーグ・湯郷Bellの選手を中心にする岡山県は、堅牢な守備をベースにしたカウンターサッカーが持ち味。そして、この日は完璧と言える守備を見せました。

 高い位置からハイプレッシャーをかけることで新潟県のビルドアップの起点を抑え込み、相手がしびれを切らして縦に入れてくるところを鋭い出足で囲い込んで、ことごとくボールを奪っていました。課題は、どうやってゴールを挙げるかということでしたが、前半にセットプレーから2得点を奪ったところで、勝負は決したように思います。

 一方、アルビレックス新潟レディースの単独チームで臨む新潟県にとっては、自分たちの力を発揮できなかった消化不良の試合だったように思います。パスを回そうとしても3本とつなぐことができず、本来なら積極的に仕掛けていたであろう場面でパスを選択し、上手くいかない局面に強引に仕掛けては、やはり奪われるという悪循環にはまってしまいました。岡山県が完璧な守備を見せたこともありますが、決勝の大舞台、地元開催というシチュエーションが、いつも通りのサッカーをさせないことになってしまったのかもしれません。

 しかし、新潟県が決勝戦までの道のりで見せた戦いぶりは色あせるものではありません。どこまでも高い位置から追いかける口木未来。中盤の底で攻守のかなめとして存在感を発揮した川村優理。高いテクニックを誇る上尾野辺めぐみ。鋭い縦への突破を見せた小原由梨愛。埼玉県をPK戦で破った立役者となったGK大友麻衣子。そして、どの選手も自分たちの力の全てを発揮し、仲間と力を合わせて戦った4試合は見事でした。それは、試合ごとに観客が増え続け、この日は、地元県民の方たちがメインスタンドを埋めたことで証明されたと思います。

 大会・試合の詳細レポートは、順次 2002world.com に掲載する予定です。ブログでは、暖簾をくぐるたびに驚かされた酒・旨いものの様子を描きたいと思っていますので(笑)、お楽しみに。

新潟の攻守の要・川村優理(赤8)。ここと言うところに必ず現れてチームのバランスを整えた。 決勝戦こそ持ち味を発揮することができなかったが、小原由梨愛(赤14)の縦への突破は大会を通じて観客を沸かせた。 新潟の攻撃のタクトを振るったのは上尾野辺めぐみ(赤10)。絶対の自信を持つ左足から繰り出されるパスとシュートは見ている者を魅了した。

【更新情報】
 09.09.30 J's GOAL J2日記:縁は異なもの 味なもの
 ※J2日記はこちらでご覧になれます。

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。