「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012必勝祈願

※フットボールな日々」は、2/1付でINSIDE-WEBに統合されます。お手数をおかけして申し訳ありませんが、ブックマーク等の変更をお願いします。なお、このレポートはINSIDE-WEBに掲載されたものを転載しました。
INSIDE-WEBのアドレスはこちら>>>  http://insideweb.blog.fc2.com/


 21日、アビスパ福岡は、監督、全スタッフ、全選手、そしてクラブ職員70名が参加して、恒例となった筥崎宮での必勝祈願を行いました。あいにく、前日から降り続ける冷たい雨の中での必勝祈願になりましたが、参道には約500人のファン、サポーターが訪れ、今シーズンのチームに対する期待の大きさが窺い知れました。

 アビスパの一員として11年ぶりの必勝祈願に臨んだ前田監督は、「雨の中、多くのサポーターの方に集まっていただいたことが何よりもうれしい。祈願したのはJ1昇格はもちろん、大きな怪我人が出ずに1年間を過ごせること。それができれば、みんなが幸せになれる」とコメント。そして、城後寿は「気が引き締まる思いで一杯。寒い雨の中、多くのサポーターが来てくれて期待されているんだということを凄く感じた。1年でJ1に戻ることが自分たちの使命だし、チームにとっても、クラブにとっても、1年で戻らないと同じ事の繰り返しになる。1年で戻ってJ1に定着できるチームになるために、日々の練習から取り組んでいきたい」と話しました。

120124_01.jpg 120124_02.jpg 120124_03.jpg
120124_04.jpg 120124_05.jpg 120124_06.jpg

 その言葉を表現するように、雁の巣球技場では初日から緊張感あふれるトレーニングが続いています。プロ選手としての生活をスタートさせた石津大介は、「目標は開幕スタメン」と公言。また「サッカー選手として試合に出なければ何も始まらない」と坂田大輔が話すように、出場機会を求めて移籍してきた9人も初日からオフ明けを感じさせないプレーを見せています。また、昨年から在籍する選手たちも、それぞれにポジション獲得に強い意欲を見せており、そうした気持ちが緊張感のあるトレーニングにつながっているのだと思います。

 それが強く感じられたのが、21日に初めて行われた紅白戦でした。「目的は選手の能力を見極めること」(前田監督)にあり、ポジションとメンバーを入れ替えながらの紅白戦になりましたが、それぞれの選手たちが、自分の特長をアピール。前田監督も「自主性や積極性という点では、我々スタッフが考えている以上にやってくれた。彼らの姿勢というものは、誰が見ても分かるものだったと思う」と満足そうに話していました。

 始動日から感じていることではありますが、紅白戦を見て改めて感じることは、技術レベルでは昨シーズンのチームよりも上ではないかということです。また、若手選手たちのプレーからは、過去の自分を脱却しようという意識も感じられます。最終的には、前田監督が求める「チームが勝利するために自分が何をするべきか」という行動規範のもと、チームとして、どこまでまとまれるかが鍵になのではないかと思います。これからのトレーニングを楽しみにしながら注目したいと思います。

当たり前の中に見える意図

※フットボールな日々」は、2/1付でINSIDE-WEBに統合されます。お手数をおかけして申し訳ありませんが、ブックマーク等の変更をお願いします。なお、このレポートはINSIDE-WEBに掲載されたものを転載しました。 INSIDE-WEBのアドレスはこちら>>>  http://insideweb.blog.fc2.com/

 新しい選手を迎えてコミュニケーションを高めたり、シーズンオフで休んでいた体を戦えるように戻したり、はたまた、新しい監督による戦い方を浸透させたりと、この時期はチームとして取り組まなければならないことが多くあります。そういう意味では、練習開始3日目という段階は、まだ手探り状態ですが、それでも日々のトレーニングは、驚くほど当たり前に進んでいます。もちろん、選手たちにかける負荷は調整していますが、メニューそのものはシーズン中と大きな変化はありません。

 過去、監督が交代した時は、トレーニングメニューに何かしら変わったところが見られたものです。また、オフ明けの体を戻すために、この時期だからこそのメニューもあり、そんな様子を見ながら、「へぇ~、こんなトレーニングをするんだ」という小さな驚きを感じたり、初めて見るメニューの意図を尋ねたりするのが、この時期のメディアの態度でもありました。けれど、見ている限り、本当に普通にトレーニングが進んでいきます。

120120_07.jpg
120120_03.jpg
 しかし、当たり前に見える練習こそ、前田浩二監督の色と言っていいかも知れません。チームの始動に先立ち、「全員で攻撃して、全員で切り替えて、全員で守備をするのが私の考え。当たり前のことをどれだけ磨けるかということ。キャンプまでに、チーム戦術の絵を選手たちに描いてもらうことと、シーズンを通して、こういうトレーニングをして行くよということを伝えたい」と話していましたが、オーソドックスな練習に、勝つためには基本の徹底が何よりも大事だとする前田監督の意図が込められているように思います。

 そんな練習風景を眺めながら、少しずつ、少しずつ、チームの形がおぼろげながら見えてくるのを感じています。18日には短い時間ながら紅白戦形式のトレーニングを実施。19日には、ボールの位置を変えながら、11人がどのように連携するかの確認が行われ、チームとして、何を、どのようにするのかという極めて基本的な部分が見えてきました。それをベースにしながら、トレーニングを通してどのように形作っていくのか、非常に興味深いところです。

 今週のトレーニングが順調に推移すれば、週末には紅白戦が行われる予定。目的は選手それぞれの能力を見ることにありますが、前田監督によれば、オフに入る時に既に紅白戦を行うことを選手たちに伝えてあるとのこと。選手全員が、ある程度の準備はしてきているはずで、新しい選手たちの特長を把握するには絶好の機会になりそうです。個人的には、初日からキレ味のいいプレーを見せている牛之拓が、中堅、ベテランに対して、どのようなプレーを見せるのかが楽しみです。

120120_04.jpg 120120_05.jpg 120120_06.jpg

2012年アビスパ始動

※フットボールな日々」は、2/1付でINSIDE-WEBに統合されます。お手数をおかけして申し訳ありませんが、ブックマーク等の変更をお願いします。なお、このレポートは1/18付でINSIDE-WEBに掲載されたものを転載しました。 INSIDE-WEBのアドレスはこちら>>>  http://insideweb.blog.fc2.com/

 17日、2012年アビスパ福岡が始動しました。雁の巣球技場に通い詰めるようになってから8年目。今では、仕事と言うよりも、まるで朝起きて顔を洗うような感覚で雁の巣へ通う毎日が続いていますが、チームの始動日だけは今も特別な日です。新しい監督、新しい選手、そして新しいチーム。どんなシーズンでも不安材料がないなどと言うことはあり得ませんが、この日ばかりは、高揚する気持ちを抑えきれずに、朝からワクワクしてしまいます。

 最初のスケジュールは2012年新体制発表記者会見。その席でクラブが明確に示したものは、トップチームがクラブの顔であること、そして、子どもたちから憧れの存在になるチーム作りをすることでした。目標は、J2で優勝してのJ1昇格。更には、J1に定着し、J1で優勝争いをし、ACL出場という高い目標に向かって活動すると話しました。チーム編成にあたって神野卓哉チーム統括部長は「その目標に向かって戦っていける選手を人選したつもり」と胸を張りました。

120118_02.jpg
120118_03.jpg
 そして、新しくチームを率いることになった前田浩二監督が何度も口にした言葉は、「全てはチームが勝つために何をしたらいいか」というもの。その考えを規範にし「戦えるチームを作ることが私の使命」と力強く宣言。具体的な戦術については、選手それぞれの技量を幹和ながら明確になっていくものと思いますが、まずは基本を徹底することから始めることになりそうです。掲げる言葉は「全攻切守」。全員で攻撃し、全員で切り替えて、全員で守るサッカーを目指します。

 記者会見で印象的だったのは、選手たちの雰囲気が、とてもフランクで明るいというものでした。「ハマの爆撃機」という横浜FC時代のニックネームをもじってジョーク混じりに挨拶をした西田剛の話しに盛り上がったり、カメラに向かってポーズを取る石津大介の姿に茶々を入れる等、初対面でありながら、10人の間にある垣根の低さを感じました。これまで多くの新体制発表会を見てきましたが、このようなふんいきは初めて。全員がオープンマインドで接することが必要なサッカーにとって、いいことだと感じています。

 そして、記者会見や囲み取材で見せた前田浩二監督の所作も、私の前田監督に対するイメージを払しょくするものでした。現役時代に熱すぎるほど熱い選手であったことは、福岡サポーターなら誰もが知るところ。しかし、言葉をひとつずつ選びながら、ゆっくりと、自分の言葉で話す姿は、むしろ、落ち着いた感じを与えるものでした。最大の持ち味である熱い気持ちに、現役を引退してからの8年間で積み重ねたものを加えた前田監督が、どんなサッカーを見せてくれるのか楽しみになってきました。

120118_04.jpg 120118_05.jpg 120118_06.jpg

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。