「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつの結果に思う



 クラブの総合力が足りなかった。さらに言えば、サッカー界における福岡という町の力が足りなかった。それが、J2降格が決まったことに対する率直な感想です。気迫あふれる戦いで勝点をもぎ取った試合も、勝ちたい気持ちを表しきれずに敗れた試合もありましたが、結局のところ、力が足りないのだということを思い知らされました。誰が云々ということではなく、それが今の福岡の総合力だということ。素直に現実を受け止めて、自分たちの位置を正確に掴むことから始めなければいけないと感じています。

 依然として、経営難という問題をはじめ、改善しなければならない問題が山積しており、しかも、その問題の本質が変わっていないことに、アビスパが直面している問題の深刻さを感じます。しかし、だからこそ、アビスパに関わる全ての人たちが、現状を変えるために何ができるかを考えて行動することが必要だと改めて思っています。けれど、それを牽引するのは、やはりクラブでなければなりません。クラブには、今までの延長線上ではない改革を進めてほしいと思っています。

 そして、今年感じた様々なことを、それぞれの人たちが来年以降の糧にしなければいけないとも思っています。J1の実力。J1のサポーターの応援。地元チームを熱心に取材するメディアの姿。そしてJ1の舞台で戦うことの素晴らしさ。降格は決まってしまいましたが、学ぶことは多かったと思います。どこをとっても無駄なことなど何一つなかったシーズン。様々な刺激を受け続けたシーズン。それは大きな財産になるはずです。

 さて、ひとつの結果は出ましたが、まだシーズンは終わったわけではありません。六反勇治は次のように話してくれました。
「もっとやれたという思いも、もっとやらなければいけなかったという思いもある。けれど、見えたものもある。それを残り4試合と天皇杯で、しっかりと詰めたい。それが、チームの、自分の、サポーターのためになる。そして、サポーターには苦しい思いしかさせていないので、1人でも多くの人が笑顔になってくれるような試合をしなければいけない。そのためにやれることがあるのなら、すべてやる。それがプロ」

 苦しい時に何ができるかで、これからが決まります。残された少ない時間の中で、どんな姿を見せられるのか。それが、クラブに、チームに、メディアに、サポーターに、そして福岡に関わる人たち全員に問われています。そして、それがこれからのアビスパを決めることになるとも思っています。次の試合は11/3の清水戦。これまで同様に、すべての力を注いで戦うだけです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。