「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは2連勝



 広島戦と同じように、勝負に対する気持ちで相手に勝てるか。そして、チーム全体でひとつになって戦えるか。それが大宮戦の最大のポイントでした。そして福岡は、広島戦同様にチームとして戦う姿を見せてくれました。「サポーターはアップの時からすごく尾大きな声援をくれたし、ホームでも力をくれる。そういう人たちのためにも諦めた姿は絶対に見せては行けない」(城後寿)。ギリギリのところに追い込まれて、ようやくチームは前を向いて走り出したと感じています。

 最初のポイントは立ち上がりの攻防にありました。前線にシンプルにボールを当てる大宮の攻撃に対し、いかにしてセカンドボールを拾うかが試合をを蹴ると思われていましたが、立ち上がりは、そのセカンドボールを拾われて押し込まれる展開に。それでも、素早く戻ってブロックを作ってはね返し、危ない場面では体を張り、局面の争いで負けず、粘り強く守り抜いたことで試合のリズムを自分たちに引き戻しました。

 そして、勝利への鍵は、どこで、どうやってゴールを奪うかということ。浅野哲也監督の選択は後半開始から田中佑昌を投入すること。それは、後半開始から勝負をかけろという意思表示でもありました。そして、その采配に選手たちが応えました。奪った2点はいずれも田中佑昌のアシストから。ゴール前に詰めて押し込んだ松浦拓弥のプレーも、長い距離を走ってゴール前に現れた城後寿のプレーも、ゴールを奪うという強い気持ちが表れたもの。いずれもビューティフルゴールでした。

 そして、大宮を無得点に抑えたのも大きな収穫でした。神山竜一が見せた再三のスーパーセーブや、ラファエルのヘディングシュートをゴールライン上からクリアした丹羽大輝のプレーに象徴されるように、危ないシーンを作られても、誰かが必ずカバーするということが徹底されていました。それは、これまでミスがミスを呼ぶという負の連鎖からゴールを奪われていた福岡とは違った姿でした。

「ここへ来てチームとしてどうやって戦うのかビジョンが見えてきた」という松浦の言葉通り、ようやく福岡は自分たちがやるべきことをチームとして表現できるようになってきました。しかし、全部かたなければいけない状況に変わりはありません。福岡に求められているのは、残り6試合を変わらぬ姿勢で戦い続けることです。大宮戦の素晴らしい勝利も、終わってしまえば過去のこと。おごらず、謙虚な態度で、次の天皇杯、そして次節の仙台戦に向けて、しっかりと準備をしてほしいと思っています。

コメント

細かい事ですが

今更かも知れませんが、それでも選手達が自信を手にしてくれたのが嬉しいし、どういった形でも来期に繋げられる何かを感じさせてくれるのはうれしい限りです。

細かい事ですが、今回のブログ、誤字多くないですか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。