「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力の限りに戦え!



 甲府戦は残念な試合でした。いつもの通り、選手たちは頑張っていたと思います。危機感も十分にあったはずです。しかし、それがプレーに表れない。そこに今のアビスパの問題があり、悲しく、さびしく、残念に思います。技術・戦術面での違い以前に、ディテールのところで集中力が切れたり、運動量が落ちたり、プレーを止めてしまったりすることが散見される。それが、自分たちの気持ちを伝えられない原因になっているように思います。

 特定の失点シーンを見れば、直接的に関わった選手の責任のように見えます。しかし、そのシーンを作り出した要因となるプレー、さらには、そのひとつ前のプレーと見ていけば、それぞれの所に問題があり、それが重なった上での失点であることが分かります。たとえば、甲府戦での先制点を失ったシーン。そもそもは、片桐に誰もプレッシャーをかけずに自由にさせたことから始まったものですが、どこかで、誰かが、基本に忠実なプレーをしさえすれば、簡単に防げた失点だったと思います。

 けれど、その、どこかで、誰かがという部分が非常に曖昧になっている。そして、このくらいで大丈夫だろうというプレーが散見される。それが、鹿島戦以降、続いている傾向です。危機感の欠如と言ってしまえばそれまでですが、おそらく、様々なプレッシャーの中で、一見、何ともないように見える場面で、ふと安心してしまって楽なプレーを選択してしまっているのだと思います。しかし、J1の舞台では、そのディテールの部分ですべてが決まってしまいます。

 他のチームとの間に技術・戦術面で差があるアビスパが、上位チームに対して勝点を掴もうと思えば、90分間に渡って相手以上にディテールにこだわり続けることが最低条件。それを徹底することで、ようやく勝利への糸口が生まれ、そこに向かってチームの力のすべてを集中させることで、はじめて勝点を手にする可能性が生まれるのだと思います。とても難しいことです。しかし、現状を抜け出すために死に物狂いで戦うとは、そういうことだと私は思います。

 残り8試合という現実と、今のチーム状況を考え合わせれば、降格に対する恐怖やプレッシャーは、確実に選手たちのメンタル面に影響しているはずです。しかし、自分たちの結果を他人の成績に委ねなければならない現状にあっては、結果を考えることに、あまり意味はありません。自分たちがやるべきことは、目の前の1試合、目の前の相手、目の前にあるボールにだけ集中し、すべてのプレーに100%の力を出すことだけ。広島戦では、そんなプレーを見せてほしいと切に願っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。