「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活B旧グルメシリーズ!1回目は「いせや総本店」

奥から、カシラ、ハツ、ガツ。80円とは思えない大ぶりの焼きトン。

 とある日曜日、中央線に揺られて吉祥寺へやってきました。目指すお店は「いせや総本店」。酒好き親父にこよなく愛される焼きトン屋です。飾り気のない店内は、10人ほどが座れるカウンター席と、4人がけのテーブル席が15ほど。そして、通りに面する焼き場の前が、常連中の常連が占拠する立ち飲みゾーンです。昨今のB級グルメブームもあって以前と比べれば若者の姿も増えましたが、それでも親父臭さは健在。酒好き親父には心地よい空間です。

 さて、ファーストチョイスは焼酎(220円)。ここでは空のグラスが運ばれてきて、そこへおばちゃんがアルミの薬缶から焼酎を並々とついでくれます。焼酎は甲類。備え付けの梅シロップをお好みで注いでいただきます。その焼酎で喉を潤してから、カシラ(こめかみ)、ハツ(心臓)、ガツ(胃)を塩焼きでたのみます。ほどなく運ばれてきたのは、1本80円とは思えない大ぶりの焼きトン。適度な歯ごたえと、口の中に広がる肉汁に、思わず「これだよ、これ」とつぶやきます。

焼酎は備え付けの梅シロップで割って飲む。
醤油仕立てのあっさりした煮込みも、いい味を出している。
 そして、焼きトンと並んで、いせやの定番メニューである煮込みと自家製シューマイ(ともに330円)を追加します。関東で煮込みと言えば、豚のホルモンを野菜と一緒に味噌で煮込んだものが主流ですが、ここの煮込みは醤油味。あっさりといただけます。そしてシューマイは普通の倍以上はある大ぶりなものが3個で1人前。肉がぎっしり詰まったボリュームは満点の一品です。固くなりすぎず、柔らかすぎず。さすがは、いせやの看板メニューだけのことはあります。

 さらに、日替わりメニューのハムカツも注文。これも当たりでした。最近は肉厚のハムカツを出すお店があるようですが、そもそもハムカツは薄いのが基本。ハムの味を楽しむのではなく、衣とハムが混然一体となったところを楽しむのが王道です。そして、いせやのハムカツは薄すぎず、厚すぎず、まさに昭和の味でした。結局、小1時間程度の滞在で、これだけ食べて、焼酎を3杯飲んで、合計で1940円という安さ。近所にこんな店があったら毎日通ってしまうのは間違いありません。

 いせや総本店は、ここの他に、すぐそばにある井の頭公園の入口に当たるところにも「いせや総本店公園店」があります。こちらは古い洋館を、そのまま店にしてしまったような作りで、どちらかと言えば若者の割合が高く、どことなくビアホールのような雰囲気があります。総本店が適度に無愛想(それがまた店の魅力)であるのに対し、開放的な感じがするのは、そのせいかも知れません。いきなり親父の空気の中には入れないという方には、こちらがお勧め。いずれも、安くておいしい焼きトンが楽しめます。

ボリューム満点の自家製シューマイ。焼きトンを存分に楽しみたいのなら、1人で食べるのは控えたほうがいいかも。 日替わりメニューのハムカツ。こちらも大ぶりのものが2枚。なつかしい昭和の味でした。 いせや総本店。80余年にもわたって、酒好き親父のために安い酒と肴を提供し続けている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。