「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯の季節がやってきた



 今年も天皇杯の季節がやってきました。台風12号影響を受け順延された会場もありましたが、9月3、4日に1回戦がスタート。参加88チームが、2012年1月1日の国立の舞台を目指して戦います。福岡では3日、レベルファイブスタジアムで福岡大学(福岡県代表)とHOYO AC ELAN大分が対戦(大分県代表)。2-0で勝利した福岡大学が2回戦に駒を進めることになりました。福岡大学の2回戦の相手はJ1の大宮アルディージャ。乾真寛監督は「J1相手に引いて守るのではなく、前向きにチャレンジし、がっぷり四つで戦いたい」と抱負を話しました。

 さて、「日本最大・最古の大会」と呼ばれる天皇杯が始まったのは1921年のこと。そのきっかけはTHE F.A.(イングランドサッカー協会)から寄贈された銀杯でした。
 時は1919年3月12日、東京朝日新聞紙上に突如として、イングランド・フットボール協会(FA)が、「日本の蹴球協会設立を祝して銀杯を寄贈するので、全日本選手権大会優勝チームに授与して欲しい」という書簡とともに、純銀製の立派なカップを寄贈してきたという記事が掲載されました。

 しかし、当時の日本にはサッカーを統括する組織はなく、当然のように全日本選手権は存在していませんでした。今となっては事情は定かではありませんが、当時は日本のサッカー熱が全国へ広がりつつある時期で、各地区で小規模の大会が行われていたことや、1918年には現在の高校選手権の前身である全日本フートボール大会が開催されていたことなどから、既に日本にサッカー協会があり、全日本選手権が存在していると勘違いしたのかも知れません。

 いずれにせよ、当時の日本にとっては寝耳に水。しかし、だからと言って放っておくわけにはいきません。この事件をきっかけにして1921年9月10日に大日本蹴球協会が設立され、その2ヶ月後に第1回全日本選手権(ア式蹴球全国優勝競技会)が開催されることになります。参加チームは東京蹴球団、名古屋蹴球団、御影師範、山口高校(最終的に旅費が都合できずに棄権)の4チーム。大会は日比谷公園グラウンド11月26日、27日の2日間で行われ、東京蹴球団が初代の日本一の座に輝きました。

 天皇杯という名称で呼ばれるようになったのは、第31回大会(1951年)から。それまで東西対抗の勝者に与えられていた天皇杯が全日本選手権のチャンピオンチームに贈られることになったからでした。そして、第48回大会(1967年度)から、決勝戦が「元旦の国立」で行われるようになりました。さらに第76回大会(1996年度)に完全オープン化を実施。現在では、予選を含めると5000を超えるチームが天皇杯を目指して戦っています。歴史を重ねた大会は今年で91回目。果たして、どのチームが日本一の座に輝くのか。サッカーファンには見逃せない戦いが続きます。

参考記事
http://www.2002world.com/history/japan/jh_010.html
http://www.2002world.com/history/japan/jh_011.html
http://www.2002world.com/history/japan/jh_012.html
http://www.2002world.com/history/japan/jh_013.html

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。