「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じた力の差。でも、やれることはある



 鹿島戦での福岡の狙いは、高い位置からボールを奪いに行くという基本スタイルを守りつつも、相手の出方を窺いながら、前から行きすぎず、かといって下がりすぎず、バランスを取りながら好機を狙うというものでしたが、試合の入り方としては問題なかったように思います。しかし、それでも簡単に先制点を奪われ、互いに注意しようと声を掛け合っている中で、その注意しているプレーから2点目と3点目を奪われるなど、ただ、ただ、力の差を感じずにはいられませんでした。

 技術の差はもちろん、動き出しや、ボールを持っていない選手たちの動きの質、切り替えの速さ、ゲームの流れを読む能力等々、すべての面で大きな差を感じました。そして、それらは単に現時点の差と言うのではなく、クラブとして、チームとして、創設以来、積み上げてきたものの差なのだと強く感じさせられました。長い時間の中で開いた差を、1試合で埋めることは難しいものです。90分間にわたって何もさせてもらえなかったのも致し方なかったように感じました。

 同時に、この感覚は、この場にいなければ感じられないとも思っていました。気持ちで力の差を埋められるJ2では感じられない差。J1の舞台にいるからこそ味わえるサッカーの違い。それは頭では分かっているつもりでも、やはり体感しなければ本当のところを理解することはできません。だからこそ、この舞台にいなくてはいけない。厳しく、つらい戦いが続いても、この舞台にいてこそ本当の力が付く。そう感じさせられた試合でもありました。

 それでも、鹿島との間にあった大きな差を認めた上で、もっとやれることもあったはずとの思いも消えません。技術、戦術的な差があるのであれば、少なくとも走力で相手を上回る、球際で負けない、集中力を切らさない等々、基本的な部分で相手を上回らなければなりません。それをしたからと言って結果は変わらなかったかも知れませんが、川崎戦のようにすべての力を出し切ってこそ、勝点3が取れる可能性が出てくるということを忘れてはいけません。

 鹿島戦の敗戦は少なからずチームにショックを与えました。しかし、それをいい方向へ変え、自分たちがやれること、自分たちがすべきことを整理して、残りのリーグ戦に臨まなければいけません。残り10試合となった今、すべての試合で100%以上の力を発揮することがJ1残留に向けての最低条件。そのためには、チーム全体として、トレーニング中から、もっと、もっと緊張感を高めなければいけないように思います。横浜F・マリノス戦に向けてのトレーニングが、近寄りがたい緊張感が溢れるものになることを期待しています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。