「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと一歩・・・



 シュート数は広島の18本に対してアビスパの9本。個の能力を比較すれば、広島が上だと思われる場面も幾つもありました。けれど、肝心なところを抑えきれず、単調な攻撃を繰り返す広島の姿は典型的な敗れるチームのパターン。そして、体を張って粘り抜き、ここぞというところでカウンターを仕掛けて決定機を演出するアビスパの姿は、典型的なアップセットを達成するチームのパターン。ロスタイムに田中佑昌のクロスが上がった時は、記者席で「来たーっ!」と叫んでいました。

 アウェイでの勝点1は悪くない結果。ここ4試合で2勝1分1敗の成績は、結果だけを見れば、アビスパが少しずつ進歩していることを示しています。しかし、アビスパの目標はJ1に残留すること。アビスパが置かれている現状を考えれば広島の状態が悪かっただけに勝点3を取らなければいけない試合でしたし、それが十分に可能な試合でした。残留のためには40近い勝点が必要で、結果が付いてくるようになったとはいえ、厳しい状況は続いています。

「勝ちを狙いに行って勝点1しか取れなかったのは反省材料。90分間の中でやられてもおかしくないシーンも、決めるべきシーンもあった」と篠田善之監督が語ったように、結果にも、内容にも、依然として課題は残っています。完璧なゲームをすることなど、どんなチームでも不可能なことですが、より高いレベルを目指してチーム力を向上させなければなりません。そのためには、成岡翔が口癖のように話すように、トレーニングを積み重ねるしかありません。多くない残された時間をいかにして有効に使うか。それがチームに求められています。

 併せて、他のチームと比較して個の能力に差がある以上、足りないものはクラブを挙げてカバーしなければなりません。株式会社ふくや、株式会社西日本新聞社のスポンサー獲得は非常に明るい材料ですが、J1に定着するには30~35億の運営資金が必要。補強もJ1に残留するためには欠かせません。やれることをやるのではなく、やるべきことを、スピードを伴って実行することが必要で、まずはクラブが公言した補強を早急に実現してほしいと思っています。これ以上の遅れは命取りになりかねません。

 アビスパとアビスパに関わる人たちにとって、いま必要なのは勝点3。「大事なことは次の試合」と常々篠田善之監督が語るように、次の試合で勝点3を取るために、あらゆる力を導引して、勝点3獲得のための準備しなければなりません。昨シーズン同様に、選手たちが死に物狂いで戦っているいま、その思いが無駄にならないように、そして選手の力だけに頼るようなことがないように、改めてそう感じた1戦でもありました。

コメント

山形戦で更に後退しましたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。