「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここからが勝負



 まずは大宮戦。山口和樹を投入して5-4-1の布陣にした時は、1点リードのロスタイムに全員で下がり、それが原因で同点ゴールを奪われた昨年の天皇杯の戦いを思い出し、気が気ではありませんでしたが、大宮の拙攻に助けられた格好になりました。中3日の、しかも猛暑の中での戦いは思うようにプレーができず、改めてチームが抱える課題も明らかになったように思いますが、それでも、この試合は内容云々ではなく結果だけが求められた試合。アビスパにとっては大きな勝利だったと思います。

 そして、改めて成岡翔の存在の大きさを感じる試合でもありました。この日は高い位置での献身的な守備でチームに貢献。そして値千金のゴールも決めてくれました。彼の素晴らしさは技術とサッカーセンスの高さにありますが、それ以上に「自分を変えるんだ」という強い意志が、今の彼を支えているように感じます。メディアに対する口数は少なく、気の利いたコメントを残すタイプでもありませんが、今回の移籍にかける想いはひしひしと伝わってきます。それが成就するシーズンになればと思っています。

110716_2.jpg
110716_3.jpg
 改めて振り返ってみると、神戸、甲府、大宮と、勝点を取ったいずれの試合も、相手の出来に助けられた部分も大きかったように思います。しかし、こういうジリジリとする我慢比べのような試合で勝点を取ることは、リーグ戦で生き残るためには欠かせないこと。少しずつではありますが、チームは前へ進んでいることを感じています。それが大きな推進力に変わるためには、やはり、勝点を取り続けることが必要で、大宮戦の勝利も、次節の広島戦で勝点を奪ってこそ、意味があるものになると思っています。

 その広島は1トップ、2シャドーの布陣。どんな状況でも、どんなところからでもゴールを狙う佐藤寿人へのマークを外さないことはもちろんですが、2列目から飛び出してくる選手をいかに抑えるかが守備面でのポイントだと思います。ほぼ狙い通りの守備を実践していた川崎戦で3失点したアビスパですが、その原因は、2列目の選手をフリーにし、絶対にはずしてはいけないジュニーニョのマークを外したことによるもの。その教訓をしっかりと活かせるかがカギを握っています。

 そして、攻撃では奪ったボールをいかに素早く前へ運べるかがポイントになります。3-4-3の布陣の広島は、高い位置でボールを奪えれば、アビスパが攻め込むスペースがありますし、広島は失点数ではリーグ12位で、アビスパが付け入る隙はあるとも思っています。中町公祐を高い位置へ出して成岡と近い位置でプレーさせることができれば、チャンスはあるはずです。何はともあれ、必要なのは勝点。しっかりと戦ってきてほしいと思います。

110716_4.jpg 110716_5.jpg 110716_6.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。