「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの戦いを左右する試合



 連戦も終わり、仕切り直しのリーグ戦が今日から再開します。この1週間でアビスパに起こった大きな変化は、既にご存じの通り、中町公祐が通常メニューに復帰したこと。本来のコンディションには程遠い様子ですが、確実に完全復帰の日が近づいてきているように思います。そして、成岡翔のコンディションが上がるとともに、彼を中心にゲームを組み立てようという意図が鮮明になってきたのも変化のうちのひとつ。甲府戦では彼の活躍に期待がかかります。

 J's GOALのプレビューに書いた通り、いまアビスパに求められているのは、攻守のバランスを整えることだと思います。一般的に、攻撃、守備と分けて話されることが多いのですが、野球のように攻守が明確に分かれていないサッカーでは、攻撃は守備のためであり、守備は攻撃のためのものでなくてはなりません。何かを修正するにせよ、それは攻守両面のバランスを考えた上でなされる必要があります。どちらか一方だけの修正にとどまるなら、望む結果は手に入れられません。

110702_02.jpg
110702_03.jpg
 そんな状況の中、アビスパのトレーニングは、まずは攻撃の活性化に力が注がれている印象を受けます。トップ下に位置する成岡の所へボールを収めることでタメと時間を作って攻撃のリズムを作り、そこから生まれる前へのパワーを守備に活かそうという意図が感じられます。何かひとつが良くなると、それが派生してチームのバランスが整うのはサッカーの世界では良くあること。その起点を篠田監督は攻撃の活性化に求めているのだと思います。

 その一方で、ネット等で自分の陣地が守られていないサッカーは、両チームによる陣取り合戦という側面もあり、どちらか一方が力を発揮すれば、その分、もう一方は押し込まれるわけで、自分たちのリズムで90分間戦うことは不可能なスポーツでもあります。甲府との試合でも、狙い通りに成岡にボールを集められない時間帯は必ずあるはずで、その時間をどうやって凌ぐかというのも、勝利を得るためには欠かせない部分。そこでどのようなプレーを見せられるかが勝敗の分かれ目になるように感じています。

 そして、甲府戦は今後の戦いを占う上で非常に重要な試合だと思っています。それは、順位や、同じ昇格組との対戦という意味合いではなく、チームが前を向いて戦い続けることができるかどうかの節目の試合になると思うからです。「継続は力なり」という言葉は、結果がどうであれ、何かしらの手応えを感じられるからこその言葉。結果を実感できないチャレンジは組織を疲弊させ、やがては力尽きます。勝利だけが必要な試合。それが甲府戦。とにかく結果を手に入れてほしい。節にそう思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。