「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて思うこと



 磐田戦は気持ちの見える試合でした。勝てない影響で観客数は激減していますが、それでも、スタジアムが一体となる空気を作り出せたのは間違いなく選手たちの最後まで諦めない姿勢が生んだものでした。しかし、それでも、これまでに何度も見てきた形での敗戦。その事実が非常に重いとも感じています。連戦中は課題の修正に割く時間がなく、根本的な改善は難しいとは思っていましたが、改めて、いまの福岡の現状が浮き彫りにされた試合でした。

 改めて思うことは、守備の改善なくして浮上はないということです。ここまでの失点を含めて、ほとんどの失点が自らのミスや、ちょっとしたところから生まれたものではありますが、それが毎試合、しかも複数回起こることが最大の問題です。一見、ちょっとしたことに見えても、それが必ず起こるということは、どこかに根本的な問題があるということを示しています。そこから目をそらさず、組織としてどうやって守るかということに取り組む必要があると思います。

 磐田との比較で言えば、その違いは顕著でした。どんな時でも、ボールホルダーに対して数的優位を保ち、前に出られない時はブロックを形成して相手に縦にボールを入れさせないのが磐田の守備の基本。鮮やかなパスワークが印象に残る磐田も、実際には、そうした細かいことを確実に実行する堅実なチームであるというのが、ここまで3回戦った感想です。こうした守備は個の能力で劣るアビスパこそ実行しなければいけないこと。週1ペースのスケジュールに戻ったのを機に、しっかりと取り組んでほしいと思っています。

 それは守備的な戦い方にシフトすることを意味するものではありません。サッカーは攻守が一体となったスポーツ。攻撃だけ、守備だけと言うのでは、勝利は手にできません。チームがアグレッシブでスピーディな攻撃を志向しているからこそ、それを可能にするベースとしての守備の整備が必要なのだと思います。成岡をトップ下に配したことで、チームには変化の予感も漂っていますが、それを現実のものにするためにも、やはり、守備の安定は欠かせないと思います。

 アビスパの置かれている状況が厳しく、戦いを重ねるごとに、それが深まっているのは事実です。そして、現時点では、それを覆すだけの力を持ち合わせていないのもまた事実だと思います。しかし、それを憂いているだけでは何も生まれません。現実を見つめ、問題点と真摯に向き合い、どうやったら力を身に付けられるかを考え、そして、具体的な手段を持って対処すること。それしか現状を脱する方法はありません。苦しくても前を向いてコツコツと取り組む。その精神で進んでいってほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。