「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪辱ならず



 非常に厳しい結果だったと感じています。立ち上がりは悪くはありませんでしたし、前回の対戦との比較で言えば、戦えている部分はあったと思います。しかし、前回同様に、力の差を強く感じた試合でもありました。2つの失点の直接的な原因はミスですが、危険な場所、我慢しなければいけない時間帯でのミスが続くのは、個人と言うよりもチームとしてのリスク管理の問題。相手を上回ったシュート数も、相手を崩してから放ったものはほとんどなく、全体を見れば、勝ち目はなかったというのが正直な感想です。

 特に大きな違いを感じたのが、ボールを持っていない選手の動きでした。磐田はボールを持った選手が前を向くと、前の選手が1人、2人と動き出し、さらに後方からボールを追い越していく選手が必ずいましたが、アビスパの場合は、動き出すのは受け手1人だけ。しかも、磐田はパスの出し手にボールが入る前に、次のプレーを見越して周りが動き出すのに対し、アビスパが動き出すのは出し手にパスが渡ってから。連動性という点では大きな差がありました。

 そして守備面でも、磐田は局面では必ず数的優位を保ち、それは90分間緩むことがありませんでした。アビスパも必死にボールに寄せてはいましたが、意図的に数的優位を作りだす磐田との差は認めざるを得なかったように思います。味方のサポートを十分に得られずに攻め込むアビスパが磐田の質の高い守備を最後まで崩せなかったのは当然だったように思います。後半はボール支配率で上回ったアビスパでしたが、私には、磐田が省エネモードに入っていたように感じられました。

 現実的な問題として技術力に差がある中で、アビスパがJ1定着を果たすための条件は組織力にあると考えています。もちろん、技術力を高めるトレーニングは続けていかなければなりませんが、短期間で技術力を上げることなど不可能で、また、それを補強に求めるのはクラブの経営状況を鑑みれば現実的な話ではありません。そういう状況の中で対戦相手と伍していくためには、組織として試合の流れを読み、組織として守り、組織として攻めるという点で相手を上回る必要があるからです。

 高い位置からのプレスに連動した守備と、奪ってからの素早い攻撃が十分に通用しているように、チームとして作り上げたものが武器になることは自らの手で実証済み。そして、どんな戦いをするにせよ、チームとしての共通認識を醸成することで、組織力を上げることは十分に可能です。これまで積み上げてきたことをベースにしながら、組織力をどうやって上げていくか。それがアビスパが今の状況から抜け出す唯一の手段のように思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。