「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、G大阪戦



 ガンバ大阪戦の朝を迎えました。厳しい試合になることが予想されていますが、まだ勝ち星がないアビスパにとっては勝点3が必要な試合。「もう負けられない。横浜F・マリノス戦の前半は、いい内容の試合ができたので、その時間帯をできるだけ長く続けられるようにしたい。失点は細かいミスや、少し集中力が切れた所からやられている。細かいところで集中を切らさなければ、つまらない失点は減る」と話すのは鈴木惇。それはチーム全員の思いでもあります。

 まずは、いつも通り、高い位置でのプレスから始まるアグレッシブなプレーができるかがポイントだと思います。90分間をどのようにコントロールするかが課題とはいえ、自分たちの力をセーブして試合に入って戦えるほどJ1の舞台は甘くはありません。互いの力関係によって、守勢に立たされることはあると思いますが、それでも、コンパクトなゾーンを形成して高い位置からプレスをかけること、奪ってから素早く攻撃に転ずること、これらの姿勢を失わないことが、まずは戦う上での最低条件だと思います。

110515_02.jpg
110515_03.jpg
 そして、誰もが感じるように、90分間をどうやってコントロールするかが最大のポイントです。これまでの試合を振り返れば、後半に失速する試合が続いていますが、私自身は、時間的な問題ではなく、相手に押し込まれた時に、どうやって耐えるかという部分にポイントがあるのではないかと思っています。ただボールを弾き返しているだけでは、セカンドボールを支配され、連続攻撃を受け、やがてはゴールを奪われるのは当然のこと。押し込まれる中、どうやって時間を作るかが求められています。

 昨シーズンは失点数が少なかったアビスパですが、それは守備力と言うよりも、攻撃力で相手を上回っていたからだと私は思っています。「相手の勢いを受けて守る」ということに関しては、それほど大きな力は持っていないようにも感じています。長いシーズンの中では、トレーニングを重ねて、そういった力をつけることが必要ですし、ゲームの流れを的確に読んで、自分たちのプレーを変化させる対応力を身に付けることも必要です。しかし、今日の試合と言うことで言えば、現時点の力で、どうやって攻撃を跳ね返すかが求められています。

 いまできることは、プレーの選択を明確にすることだと思っています。クリアする場面なのか、ボールを外に出して流れを切る場面なのか、カウンターを狙う場面なのか。それらのメリハリをしっかりつけて戦うこと。それが今日の試合での大きなポイントになるような気がしています。
力の差は否めません。しかし、それでも勝点3を取らなければいけない試合。それが今日の試合です。スタジアムの全ての力を結集して戦ってほしいと思っています。

コメント

おはようございます!!
今日はホームレベスタでの戦いです。
後半はサポーターの声援で選手を盛上げて
行くしかないと思ってます!!
今日こそは初勝利を!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。