「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しい4連敗



 自分たちのサッカーを展開し、対等以上の戦いを展開しながら、再開後は4連敗。苦しい戦いが続いています。特に横浜F・マリノス戦は、前半は完璧と言ってもいい出来だっただけに悔しい思いが募ります。最終的に勝点を得られていれば、城後寿、岡本英也、鈴木惇らにとって、そしてチームにとって、非常に大きな自信を得られる内容でしたが、今の状況では、自分たちのパフォーマンスが結果につながらなければ、それも叶わず。ただ、ただ、残念な思いが胸の中を駆け回っています。

 それでも、勝てなかったという事実は、福岡に勝ちきるだけの力がないということを物語っています。そして、その最大の原因は、90分間をコントロールする力がないということに尽きます。開幕戦も含めて、前半と後半が別のチームになってしまうのが現状で、鹿島、仙台、横浜FM戦のように、後半の運動量にあれだけの差が出てしまえばサッカーにならず、いずれの試合も、失点するのは時間の問題でした。勝機は十分にあった。けれど、90分間全体を振り返れば負け試合。それが今のアビスパの現実だと思います。

 コンパクトなゾーンを形成し、高い位置からのプレスと連動した守備でボールを奪い、素早く攻撃に転ずるというチームのコンセプトに間違いはないと思っています。しかし、ネットで区切られて自陣が守られているスポーツとは違い、ひとつのフィールドを2つのチームが奪い合うサッカーでは、自分たちの時間帯があれば、相手の時間帯もあるのが当たり前。自分たちの時間帯を活かすために、相手の時間帯をどうやって凌ぐか。その力が今のアビスパには必要です。

 後半に動けなくなるのは、単なるフィジカルの問題ということではなく、戦術面、個々の技術、メンタル面等々、様々な問題が絡み合ってのものだと感じています。一番気になるのは、押し込まれた時の守備。アビスパの守備は「前へ出て奪い取る」というものですが、その力を抑え込まれたときに、人数をかけてボールを弾き返すことしかできていません。相手にボールを握られる中で、こちらのポイントに誘い込む、あるいは追い込んでいく、そんな守備力も必要なように思います。

 ただ、できないことを悩み、結果が出ないことを悔むだけなら、なにも生まれません。現実を受け止めた上で、問題解決の方策を考え、そして、そのためのトレーニングを積んでいくこと、そこにしか解決の道はありません。昨シーズンまでの戦い方をベースにして、その特長を最大限に活かすためのエッセンスを、どうやって加えるか。それが、今のアビスパに求められていることだと思います。次節はG大阪との対戦。強敵中の強敵ですが、ホームで戦う試合では勝点3しかいりません。この1週間で、いい準備を積んでほしいと思っています。

コメント

あまり言いたくない感じですが5連敗ではないですか?(^_^;)

「再開後」4連敗という意味でしょ。

中倉です

分かりずらいタイトルで申し訳ありません。文中を一部訂正しましたが、再開後4連敗というつもりで付けました。
しかし、読んでいる方に意図が通じないのは問題です。申し訳ありませんでした。

まだ結論付けるには早いですが

私はアビスパのファンではなくJ2草津のファンですが、福岡には昨年の湘南のよう
になってほしくはないです。このままいくと6月をまえに消化試合の雰囲気になら
ないかと心配です。
最低でもなんとかドローに持ち込む粘りが欲しいところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。