「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙い通りの試合も勝点3を落とす

悔しさが残った静岡遠征。次は必ず雪辱を果たす

 今シーズンのアビスパのサッカーは、どういうものか。それを明確に表現してくれた試合でした。そして、J1を戦い抜く手応えも得られた試合でした。しかし、結果は敗戦。「ゴール前に攻めた回数はうちの方が多かったと思うし、決定的なチャンスもあった。それを決められないと勝っていくのは難しい。すごく分かりやすい課題が見つかった試合」(松浦拓弥)。点を取れなければ敗れるという当たり前のことを教えられた試合でもありました。

「いい守備が、いい攻撃をつくる」。再開前に選手たちが口にしていた通りの内容でした。いい距離感を保ったブロックを形成し、高い位置からプレスをかけて清水のプレーを制限。そして、ここぞというところで守から攻撃へスイッチを切り替えてボールを奪い、そのまま人数をかけて素早くゴール前へ運ぶ。全員の意思統一が図られたサッカーを見ながら、最悪とも言える状態から、よくぞここまでチームのレベルを引き上げたなと感じていました。

 後半は、メンバーとポジション、そしてシステムを変更して試合の主導権を奪おうとする清水に押し込まれる場面が増えましたが、それでもシュートは打たせず。そして、鋭いカウンターから決定機を演出するなど、清水に傾きかけるリズムを効果的に寸断していました。90分間の中では、相手がリズムを刻む時間は必ずあるもの。その時間帯にズルズルと主導権を明け渡さないことが大切で、そういう意味では、後半の対応も問題なかったと感じています。

 試合の主導権を握っていたのは間違いなくアビスパで、足りなかったのはゴールだけでした。しかし、勝点を取れる試合で、確実に勝点を積み上げることがJ1定着の必要条件。勝点3を落とした試合でした。「手応えも、悔しさもあるが、『手応えがあった』でシーズンが終わってしまっては意味がない。今日は勝点を取れなかった悔しさの方が大きい」とは中町公祐。篠田善之監督をはじめ、選手全員が悔しさ一杯の表情を見せていました。

 けれど、それも終わったこと。厳しい戦いの世界では、次の試合でも同じパフォーマンスを発揮できる保証はどこにもなく、また、細かなところを見れば改善すべき点は、まだまだあります。清水戦を詳細にわたって整理し、悔しい思いを力に変えて、次の鹿島との戦いで勝点3を手に入れる準備をすることが最優先事項です。「決定力不足」という安易な言葉に敗因を求めるのではなく、攻守に渡って、さらに質を高めていくことが必要だと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。