「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、Jリーグ再び

とにかく前に仕掛けるのが松浦拓弥の持ち味。清水相手にも「ガンガン行く」と宣言する。

 いよいよJリーグが再開します。開幕戦に敗れた後、チームのバランスを崩してリズムの悪い期間が続いていたアビスパでしたが、現在はチームとしてのバランスを取り戻し、非常にいい状態で明日の清水戦を迎えることになりました。「早く試合がしたい」とは丹羽大輝の言葉ですが、どの選手も同じ気持ちでいるようです。周りが心配するほどの悪い状態をズルズルと引きずらなかったのは、昨シーズンを戦い抜く中で、コツコツと積み上げることの大切さを知ったからではないかと思います。

 最も改善されたのは「選手間の距離感」でした。個々の動きがバラバラだったチームは、互いに適正な距離を保ってコンパクトなゾーンを形成し、2枚のブロックで相手の攻撃を受け止める昨シーズンの形を取り戻し、それによって、ボールを奪った後も、近くにいる選手同士が守から攻への切り替えを速くして、人数をかけてゴール前へ迫るシーンが増えてきました。裏を突くだけではなく、前の4人の流動的な動きで相手を崩せるようになったのも、互いの距離感が良くなってきたからです。

アビスパの攻撃の鍵を握るキム・ミンジェ。サイドでの主導権を握れるか。
当たりの強さなら十分に勝負できる。山口和樹は初先発を狙う。
 個人的に注目したいのは山口和樹。長崎との練習試合で途中からレギュラー組でプレーしてからは、その後の練習試合でレギュラー組に定着。猛烈に先発出場をアピールしてきました。まだまだ課題が多く残る選手ではありますが、当たりの強さと、頑張れるという部分では勝負できるものを持っている選手です。出場機会があるのかどうかは、明日のメンバー表を確認するまで分かりませんが、ピッチに立つ機会があれば、臆することなく、自分の特長をぶつけてほしいと思っています。

 さて、清水は小野伸二、高原直泰らに代表されるように個の能力の高い選手が揃うチームですが、勝負を分けるのは両サイドの攻防にあると見ています。両SBを高い位置に残して攻撃を仕掛けてくるのが清水ならば、アビスパの強みもスピードある両サイドからの仕掛け。サイドでの主導権を握って相手を下げさせることができるかが、ひとつのポイントだと思います。特に、左サイドの松浦拓弥、キム・ミンジェを、チームとして、どうやって高い位置に押し上げるかに注目したいと思っています。

 そして、やはり必要なものは勝点です。チームは間違いなく良い状態にありますが、それを公式戦の舞台で結果に結びつけてこそ、チームは本当の力を身に付けることができます。簡単な試合ではありません。勝利するためには、自分たちのサッカーを貫き、そして自分たちの力の120%発揮する必要があります。昨シーズン同様、チームと、チームに関わる全ての人たちの力を結集して勝利を掴んでほしいと思っています。

頼りになるベテラン高橋泰。どのタイミングでピッチに立つか? チームを操るのは中町公祐。本来の伸び伸びとしたプレーが戻ってきた。 決定力はチームNO.1。唸るか、城後寿の左足。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。