「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズンを決める1カ月



 少々遅くなりましたが大分戦の感想について。多くの方が感じていらっしゃる通り「チームはまだできていない」というのが率直な感想です。新しい戦力が合流した直後は、裏のスペースをシンプルに突くだけではなく、中盤の高い位置に起点を作り、MFが何人も絡みながらボールを細かくつないでゴールに迫る姿が見られたのですが、その姿を見ることができなくなって久しく、開幕戦に敗れた後の練習試合では、同じような戦い方が続いています。

 一番大きな問題は、チームとして何をしようとしているのかが見えてこないことだと感じています。高い位置からボールを追うのでもなく、リトリートしてカウンターを狙うのでもなく、また、裏をシンプルに狙うのでもなければ、細かくボールをつないでビルドアップするわけでもない。「攻守に渡って求めていることを、選手たちはきっちりとやってくれた」とは、試合後の篠田善之監督の言葉ですが、1人、1人は頑張っていても、その頑張りが線でつながっていないように思います。

110330_2.jpg
110330_3.jpg
 もともとアビスパは、課題を修正するためや、目指すサッカーを実現するために、あるプレーや戦術に特化したトレーニングをすることはありません。実戦形式のトレーニングと練習試合を繰り返す中でチームの熟成度を上げていくのが篠田監督のやり方で、そういう観点から言えば、様々な事情で、開幕前に練習試合を思うように重ねられなかったことが響いているのかもしれません。また、新たに加わった選手との融合が遅れているのも、原因の一つだと思っています。何かが悪いというよりも、全体的なバランスの悪さを感じます。

 Jリーグは4/23に再開しますが、いわば、改めてシーズンが開幕するようなもの。与えられた1カ月間は、チームを成熟度を上げるには十分で、必要以上に慌てることはないと思っています。ただし、変則スケジュールで行われることが予想されるシーズンでは、戦いながら修正を加えることは難しいのが現実で、この1カ月に今シーズンの行方がかかっているとも言えます。そういう意味では、4/2のチャリティマッチで、今までと違った姿を見せることが大事だと思っています。

 その反面、清々しい戦いを見せてくれたのが、控え選手中心のチームでした。この日は大分を6-1(3、4本目トータル)と一蹴。シーズンが開幕してから常にアグレッシブな姿勢を貫いて結果を出し続けています。対戦相手も控えメンバー中心であることは差し引いて考える必要はありますが、彼らの戦いぶりはトップチームへの大きな刺激になっています。そして、結果を出してアピールし続けている選手にチャンスを与えることも、チームに勢いを取り戻させる方法のひとつかもしれません。

110330_4.jpg 110330_5.jpg 110330_6.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。