「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水戦を終えて

PA020019.jpg
一夜あけたJR清水駅。来年はリベンジのために必ず帰ってくる。

 なんとも・・・。
 清水はすばらしいサッカーをやっていました。前線からの守備。中盤のプレッシャー。コンパクトなゾーン。すばやい出足から常に数的優位の状況を作り出し、ボールを奪うと瞬時にギアチェンジしてスピードを上げ、シンプルにサイドを使って前に出る。チョ・ゼジン、矢島卓郎の個の強さは福岡DF陣を何度も切り裂きました。後半途中から10人になったこともありましたが、福岡は90分間にわたって全くサッカーをさせてもらえませんでした。

 言いようのない完敗でした。組織で戦うことに活路を見出したかった福岡ですが、実際は組織のバランスはバラバラ。1人、1人は頑張っているのですが、それが糸で結べない最悪のサッカーに後戻りしてしまいました。川勝監督は個人能力の差を敗因のひとつに挙げましたが、それをどうカバーするかが福岡に求められていること。後半は両SBを上げ、10人になってからは3バックに変更しましたが、中盤のバランスが崩れたままでは、それも逆効果でした。

 困難に直面したことでチームの本質が浮かび上がったということだと思います。方法論は千差万別。サッカーにおいては、どれが正解なのかという問題は常に存在し、ある意味では結果論でしか論じられない部分もありますが、組織力を失った福岡では戦えないということ、そして、試合中に立て直す能力をチームが持ち合わせていないことを、改めて突きつけられたような思いです。C大阪戦で、困ったときに立ち戻れる場所を取り戻したかに見えたのですが・・・。

 それでも、依然として残留争いが先の見えない混沌とした状況にあることは不幸中の幸いといえます。広島が引き分けたことで、入れ替え戦回避の道は難しくなってきましたが、直接のライバルである京都、C大阪との差はあってもないようなもの。残留への道は、まだまだ十分に開いています。清水戦のショックな敗戦に心を乱すことなく次の準備を整えてくれることを選手たちに望みたいと思います。そのためには、どれだけ中盤の組織力を取り戻せるかが鍵。取材ができるのであれば、そのあたりに注目してトレーニングを見たいと思います。

コメント

本当に見事なまでの完敗でした。
しかし、清水のゲーム運びというのは、福岡にとってお手本とすべきてんが多かったように思います。

この試合で清水と自分たちの違いを検証し、修正していってほしいものです。

またこの日の林は、全盛期の片鱗がちらっと見えたように思います。
もちろん、まだまだですが、すでにバロンよりは有効な選手になっているんじゃないでしょうか?
林、飯尾のコンビが見てみたいです。

テレビ観戦いたしましたが、スコア・内容ともに完膚なきまでにやられたなあというのが感想です。次元の違うサッカーを見せ付けられたなあと思いました。セレッソに勝って流れに乗れるかなあと甘い考えを抱いておりましたが、やはり甘くないですね。
今後も鹿島、浦和、磐田と続きますが、よく考えたら全チームが格上です・・・開き直りではありませんが25試合で2勝しかしてないにもかかわらず、まだ残留の目が十分にあるという幸運を生かしたいなあと気持ちを入れ替えています。
個人的には15日、駒場へ出向きますので、7日の鹿島戦、勝ち点をもぎ取って関東に遠征に来てもらいたいです。

ヴァンフォーレ甲府はアビスパ福岡より戦力が下なのに次につなげるような試合をしますね
甲府のほうがサッカーの戦術目的がはっきりしているし、組織力もアビスパより上のように感じました
アビスパは組織力以前にチームがバラバラではいつまで経っても勝てないのでは・・・!?

昨年の入れ替え戦、福岡が一昨年完敗した柏を圧倒した甲府!運営資金も地域経済力も福岡が、上なのに、、、、
決してあきらめない、腐らない選手達、サポーター、変わらない戦術に感動します。
探検J1!彼らのキャッチフレーズは、
落ちてもいいからJ1で勉強しよう!という気持ちがでています。
福岡も、楽しんで行こうよ!壁にぶち当たって
勉強しよう~、クラブも選手もサポーターも
ファンも!とかいうと怒られるかな?

なぜ川勝氏は

監督を続けていられるんだろう?
就任してから一向にチームを修正出来ず、選手・組織を混乱に陥れてるだけ。

あと意味のない非公開練習はやめてほしい。
話題を提供するのもクラブの仕事

中倉です。
コメント、どうもありがとうございます。
まとめてになってしまいましたが返信を。

>jayさん

川勝監督就任後、初めてトップに上がってきた林は非常に明るい顔をしていました。声をかけると、「がむしゃらにプレーしたいです」とお決まりのフレーズを。ピッチに登場してまもなく10人になってしまったのが残念です。対等な状態でどこまでやれるか見てみたかったのですが・・・。

その林も残念ながら別メニュー。水曜日の練習で痛めたようで、昨日、今日ともに別メニュー。明日のベンチ入りは難しいようです。早く元気になってくれるといいのですが。


>大宰府育ちさん

非公開練習が続いているため、具体的にどんな点をチェックしたかは不明ですが、戦術よりも、戦う気持ちをもう一度奮い立たせるように監督から檄が飛んだようです。ブルーシートの中から出てくる選手たちの表情が、やや沈んでいる悠に感じられるのが心配ですが、鹿島戦では悪い流れを断ち切るような試合を見せて欲しいと思っています。そして、勝利を手に駒場へ乗り込みたいものです。


>九州っこさん

いろんな事情があったことだとは思いますが、J1を戦っていく上でのクラブとしての覚悟が足りないことは間違いありませんね。苦しいシーズンになるのはあらかじめ分かっていたこと。それらに対してどう対処するのか。その辺りの姿勢がクラブとして統一されていなかったように思います。サポカンの議事録や、参加してサポーターからの話を聞いても、クラブ側は事情を説明するだけで、何をどうしたかったのかが少しも見えてきません。チームがバラバラに見えるのは、そうしたクラブの姿勢が反映したものだと考えています。

今シーズンは残り9試合になりましたが、クラブが、一丸となるという姿勢を目に見える形で表すことが、いま求められています。言い換えれば、それが出来るかどうかで今シーズンの結果が決まると思っています。「信じてる」とはサポーターの言葉であって、フロントが口にする言葉ではありません。「信じてる」「支える」というのは、チームが力を出し切れるような環境をクラブが整えた上で使う言葉。クラブには目に見える行動を起してくれることを望んでいます。


>なかのさん

九州っこさんへのコメントにも書きましたが、やはりクラブの覚悟が足りなかったことが最大の原因だと思います。状況に応じて様々な対応策を打つことは当然のことではありますが、その根底に流れる基本的な考え方に覚悟がなければ、それはただの小手先に過ぎず、何の効果ももたらしません。まさにそのことを学ばせられたというか・・・。表立って口には出来ないでしょうが、クラブがそれを認識しているどうかが最大のポイントだと思っています。

残り9試合の段階となっては、平常心で勉強することは難しくなっていると思います。それでも、やれることは限られているので、ある意味、開き直って、自分たちのサッカーを思い切ってぶつけてもらいたいものです。結果として、監督交代は様々な波紋を投げつけ、今でも方向性を見つけられていないのが現状ですが、それでもなお、できることの全てをぶつけて欲しいと願っています。


>#-さん

試合後の回復トレーニングと、ごく当たり前の軽い練習以外、非公開の中でトレーニングが行われている現状では、チームが何に取り組んでいるかは皆目検討がつきません。練習後に監督や選手からコメントを取ることは許されていますが、実際の練習を見られなければ本当のところは分からないのが現状です。監督と選手たちの間に信頼関係が築かれていることを願うばかりですが、果たして・・・。

ご指摘の通り、結果としてチームはいい方向には動いていません。何か少しでもいい材料を探せればと思うのですが、結局のところ、「それでもやるしかない」という言葉しか出てきません。取材していても心苦しい毎日が続いています。せめて監督には、選手たちが持っている自分の力を全て発揮できるような環境を整えて欲しいと思っています。理想と現実の中で悩まれているのかも知れませんが、現実を受け入れた上で、どう戦うかを考えることがやらなければならないこと。個人戦術に原因を求めるのではなく、かつてチームが持っていた組織の力を引き出して欲しいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。