「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年シーズン開幕



 新たな歴史を刻む第一歩は、残念ながら敗戦に終わりました。ゲームレポートについては、既に J's GOAL に掲載してありますが、福岡らしさが出た場面もあれば、力の差を感じさせられた場面もあった試合でした。勝利の二文字だけを描いて試合経過を見つめていたこともあり、敗戦という結果には非常に悔しい思いが残りましたが、その一方で、簡単に勝点を取らせてはもらえないことも開幕前から分かっていたことで、そういう意味では、結果、内容ともに、想定の範囲内の試合でした。

 テニスやバレーボールのようにネットで区切られていないサッカーでは、互いが100%の力を出し合うことは稀で、相手との相対関係でリズムが決まります。1試合の中で、いいリズムの時と、悪いリズムの時があるのはそのためで、いい意味でも、悪い意味でも、この1試合だけで、アビスパがどこまでやれるのかを判断するのは難しいと思っています。それでも、前半の流れを見る限り、やりようによっては戦えるのではないかと思います。

 ただし、ゴールを奪うことが、その条件。この日も、あと一歩のところまで迫る場面はありましたが、ペナルティエリア内に侵入する回数は少なく、その回数をどれだけ増やせるかが鍵になると思っています。ラストサードの攻略は、サッカーでは最も難しい部分で、わずかに見えても、乗り越えるのが難しい最後の壁。それを超えられるまでに、どの程度の時間を要するか。それが今シーズンの福岡の行方を決めることになりそうです。

 もう一つの鍵は、個々がどこまで戦えるかということ。個の能力が高い選手に対して組織で守るとのは常道ですが、その前提として、1人、1人が戦えなければいけません。それなくして組織で戦おうとすれば、いとも簡単に組織は崩されてしまいます。そういう意味では、先制点を喫した後の戦いには少し不満を覚えています。個々で戦っている選手がいた反面、チーム全体としての戦う意思は強くは伝わってきませんでした。次節には、最後まで11人全員が戦う姿勢を維持してほしいと思っています。

 そして、改めて思うのは、切り替えていかなければいけないということです。J2の3位で昇格を果たしたアビスパは、単純に言えば一番下からのスタート。誤解を恐れずに言えば、苦しい戦いが続くことは当然のことで、何よりも求められているのは、結果を正面から受け入れ、問題点を把握した上で、次に向かって何をするかということ。ネガティブな発想からは何も生まれません。自分たちの力を冷静に見極めて、最後までポジティブに戦えるか。それが、今シーズンの最大の鍵になると思っています。

コメント

J1

土曜日のデーゲームにもかかわらず1万人を越える客入にJ1に戻ってきたんだなぁと感じました。
試合の方は中倉さんのレポートに似たり寄ったりの感想ですね。
新潟戦で色んな部分で見えたストロングポイント、ウイークポイント、そしてディテールの甘さ、全てを一気に解消なんて無理なのは分かってますが、
これからの練習に落し込んで1つづつ潰していけるか?が今年を闘い抜けるのか?に繋がる気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。