「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューデン、ヤマハとの入替戦へ

ラグビーの聖地・近鉄花園ラグビー場は、静かな住宅街に囲まれた中にある

 1月29日、ラグビートップチャレンジ1・第3節が近鉄花園ラグビー場で行われました。「トップチャレンジ1」とはトップリーグ昇格を争う戦いで、出場資格を持つのは、ジャパンラグビートップリーグの下部リーグに当たる、トップキュウシュウA、トップウェストA、トップイーストの首位に、各リーグ2位同士が総当たりで戦う「トップチャレンジ2」を勝ち抜いた1位チームを加えた4チーム。1回戦総当たりで争われ、上位2チームがトップリーグへ自動昇格を果たします。そして、3位以下のチームはトップリーグ下位2チームとの入替戦に回ることになります。

 普段はラグビーの取材をしない私ですが、今シーズンはキューデンヴォルテクスがトップリーグ返り咲きを目指して戦っていることもあって、その戦いを最後まで見届けようと、レベルファイブスタジアムで行われた第2節に引き続き、取材のために大阪まで足を延ばしました。近鉄花園ラグビー場は静かな住宅街の中にありますが、最寄駅の東花園駅の駅舎にはラグビーボールのオブジェが飾られていたり、駅前にはラガーマンのマスコットが置かれるなど、ラグビーの町らしさが感じられて、中々素敵な感じでした。

駅舎にはラグビーボールのオブジェが飾られている
駅前で迎えてくれるのは、ラガーマンのマスコット
 さて試合。キューデンは初戦、第2節と連敗したことで、既に3位以下が確定。この日のNTTドコモ(2節を終えて2位以内が確定)との対戦結果に拘わらず、入替戦に回ることが決まっていました。しかし、「順位ではなく、プライドのために戦う」と話したのは松本允ゲームキャプテン。そして、昇格の最後のチャンスである入替戦に向けて、自分たちのラグビーを立て直すことに重点を置いて試合に臨みました。

 しかし、そんな気持ちとは裏腹に、開始5分、ハーフウェイライン付近から、約50メートルの独走を許してトライを奪われると、7分、11分、39分と、いずれも長い距離を独走される同じような形からトライを奪われて、前半を終わって0-26。この時点で試合は決まってしまいました。後半21分にワントライ、ワンゴールを返したものの、前半と同じように、簡単に相手に長い距離を独走されることを繰り返し、後半も24失点。「力が足りなかった」。松本允ゲームキャプテンは頭を下げるしかありませんでした。

 トップチャレンジで4位となったキューデンヴォルテクスは、トップリーグ昇格をかけて、2月12日にヤマハスタジアムでヤマハ発動機ジュビロ(トップリーグ13位)との間で入替戦を行います。ここ3試合の戦いぶりを振り返ると、個々の力の差という前に、戦う気持ちを表現できないままに敗れているように思います。入れ替え戦は泣いても笑っても最後の試合。結果を恐れることなく、思い切りぶつかってほしいと思います。その戦いぶりを見届けるため、入れ替え戦も取材に行きます。

何気なく存在しているラグビーショップが、却ってラグビーの町であることを教えてくれる キューでかヴォルテクスのブース。この日は大勢のファンが応援に訪れていたが・・・ スタジアムで遭遇した子猫ちゃん。彼もラグビーファンかな?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。