「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘年会は焼きとんで



 毎年恒例の取材旅行で東京に来ています。仕事の全てが片付いたわけではないのですが、とりあえず、目先の仕事から解放される取材旅行は、忙しさの中にも時間的な余裕もあり、久方ぶりに精神的に落ち着いた毎日を送っています(笑)。そして、忘年会をしなければ、年も明けないということで、早速、1人忘年会に行ってきました。たまには合成に行こうと思いましたが、慣れないことをするとろくなことはありません。いつものように、B級な店での忘年会になりました。

 足を運んだのは、この時期、日本で最も賑わっていると思われる上野アメ横。第一目標の「大統領」はいつものように満員だったので、「お1人様どうぞ」の声に誘われて、その向かいの焼きとん屋へ。注文は、もちろん、ホッピーにモツ焼き。東京と言えば定番です(笑)。焼きとん屋としては珍しく「カシラ」は置いていませんでしたが、タン(豚)、アブラ、軟骨(鳥)を塩で注文。程よい歯ごたえを楽しみながら、溢れる肉汁をホッピーで流し込みます。うん、美味い。

1230_02.jpg
1230_03.jpg
  ほろ酔いかげんになったところで移動した先は、1軒目から数メートルのとこめろにある「肉の大山」。焼きとんやフライをつまみに多くの酒好きで賑わっているお店です。この日のチョイスは、ここで最も人気のある、やみつきメンチに、我々の世代には懐かしいハムカツ、そして東京でフライと言えば定番のアジフライ。味はもちろん、このボリュームで330円という安さも嬉しい店です。ハムカツの懐かしさはもちろん、肉厚のアジフライ、肉汁たっぷりのメンチカツを、あっという間に平らげてしまいました。

 そして締めは蕎麦です。といっても、うんちくをたれるように蕎麦屋ではありません。立ち結ったのは、御徒町駅ガード下の立ち食いそば。おそらく、立ち食いそばファン(汗?)なら誰もが頼むのがかき揚げ天そば。少し贅沢したいときにチョイスするのはかき揚げ天玉そば。そして、この日はせっかくの忘年会なので、関東圏内では根強い人気を誇るコロッケをトッピング。立ち食いそばファン垂涎の一品をいただきました。麺が見えなすいボリュームたっぷりの一品。忘年会の締めにふさわしい贅沢な(?)一品でした。

 最後に。この日、酔い覚ましに上野駅を歩いていると、寒風にさらされながら路上ライブをしている女性がいました。名前はオダタマコさん。歌のことはよく分かりませんが、一生懸命に歌う姿に魅せられてCDを購入しました。なんでも、年内に500枚の自作CDを売ることを目標にしているとのこと。目標達成まであと58枚と言ってましたが、はたして売れたのでしょうか?夢をあきらめず、どこまでも頑張ってほしものです。

 さて、今年1年のご挨拶は、また後ほど。

CIMG0508.jpg 1230_05.jpg 1230_04.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。