「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム一丸で手にした勝利



 ミックスゾーンに出てきた山口和樹を真っ先に捕まえたのは、関東圏の記者(男性)でした。どちらよりとかではなく、天皇杯そのものを取材に来ていたようでした。私と2人で山口にひとしきり話を聞いた後、彼が山口に向かって話しかけました。「とても失礼な言い方ですけれど、ファンになりました」。この日、彼らが見せた強い気持ちは、福岡サポーターだけではなく、試合を観ていた多くの人たちに伝わりました。素晴らしい試合だったと感じています。

 ミスも多かったし、不格好なプレーも多い試合でした。けれど、ここまで手に入れた数ある勝利の中でも、強く印象に残る試合だったと感じています。以前、鈴木惇が「悔しいのは自分だけじゃない。その悔しさを、いいプレーをする力に変えるのがプロ。悔しい気持ちがあっても、それをチームがいい方向へなるように出せればいい」と話していましたが、その鈴木はもちろん、同点ゴールを決めた孫正倫も、高橋泰も、足をつって無念の交代をした平石健太も、そして、ピッチに立った全員が見事にそれを表現してくれました。

 そして、チームが一丸となっていることを改めて示してくれた試合でもありました。「控えの選手たちが試合に見入って応援していて、アップどころじゃなかったですよ」。これはピッチレベルで撮影していたカメラマンの話。そして交代出場でピッチに立った選手たちが、それまでの頑張りを形にすべく気持ちを見せてくれました。流れを変えたのは前線で存在感を示して大久保哲哉。2点目を演出したのは左サイドを突破した岡本英也。そして、丹羽大輝は絶対にゴールを許さないという姿勢を見せ続けました。

「ベンチにいる選手たちがアドバイスをしたり、延長戦に入る前に、疲れている選手のマッサージをベンチの選手がしたり、とにかく、全員が、アビスパ福岡が勝つために何をしなければいけないかだけを考えてやっていました」(丹羽大輝)。一丸となるということは、ベンチ入りした選手たちだけではなく、ベンチの外にいる選手も同じ気持ちで戦うということだと改めて示した試合でもありました。「昇格を争うのは限られたチーム。その一員としてプレーすることは誇り」。孫正倫は話してくれました。

 リーグ戦と天皇杯は別の大会ではあるとは言え、リーグ戦で勝利から2試合遠ざかっているチームにとっては、悪い流れを断ち切るためには絶対に勝利しなければならなかった試合。その重責を担ってピッチに立ったリーグ戦では出場機会のない選手たち。そして彼らが見せたアグレッシブなサッカー。それは悪い流れを断ち切っただけではなく、20日の東京V戦に出場する選手たちに勇気と力を与えたことに間違いはありません。あとは20日の試合に勝つだけです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。