「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦いはこれから



 さて、更新が遅れてしまいましたが、大分戦の感想です。アビスパらしいアグレッシブさが出ず、相手が退場になった時間以外は、ほぼ一方的にボールをポゼッションされてしまった試合でしたが、それでも、福岡のサッカーだったと思います。J's GOAL のレポートにも書きましたが、物事には長所と短所が表裏一体の関係で存在しています。この日は福岡の悪いところが出た試合。そのように捉えています。

 改めて言うまでもありませんが、福岡のサッカーの最大の特徴は、手数をかけずにシンプルに相手の裏にボールを送り込んで、前へ出るスピードとパワーでゴールを奪うというもの。それを徹底して繰り返すことでゴールを陥れてきました。そういう戦い方であるがゆえに、攻撃に懐の深さがなく、裏を取れなくなると攻め手に欠き、やがて長いボールを蹴り返してボールを奪われ、自分たちでリズムを崩してしまうという傾向も持ち合わせています。

 けれど、これが今年の福岡のサッカーです。このサッカーだから、4連敗もあり、ここ2試合のような試合もり、いくつもの劇的な勝利もあったのだと思います。そして、このサッカーで昇格争いを演じてきたのが福岡です。すべては表裏一体。ここまでくれば、長所も、短所も全て受け入れて、このサッカーで最後の厚い壁を破るだけ。上手くいかないことを必要以上に悔んでも何も生まれません。もう一度、自分たちのサッカーを見つめて、原点に戻って戦うだけだと思います。

 もちろん、残り試合数が少なくなったいま、知らず知らずのうちに、目に見えないプレッシャーが、自分たちの良さを出すことにブレーキをかけていることは否定できないと思います。けれど、トレーニングを見る限り、また、選手たちのミックスゾーンでの話を聞く限り、昇格に対する大きなプレッシャーを感じている選手はいません。先のことを考えずに、目の前の戦いだけに集中する姿勢は崩れておらず、メンタル面に大きな問題はないように思います。

 ここからの4試合は、対戦相手は福岡の戦い方を研究しつくして臨んできます。福岡が自分たちの長所を出すことは難しい試合が続くかもしれません。そんな中で勝負を分けるのは、選手個々がどこまで戦えるかという点。相手よりも長く、速く走り、相手よりも強くボールにチャレンジする。いわばサッカーの原点ともいう部分で相手を上回ることが求められています。ならば、その姿を見せるだけ。胸を張って、前を向いて、チャレンジし続けるだけ。さあ、戦いはこれからです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。