「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここからが本当の昇格争い



「守り切られる心配はない。それよりも2失点目を喫する可能性が高い」
「イケイケドンドンは危険。ボールをゆっくりと回してスペースを突きたい」。
 それぞれ、福岡が同点に追いつい直後に、私が取材ノートに書き記した言葉です。中盤が空いていた、ロングボールが多かった、ミスが多かった、現象面を見れば、いくつかの問題がありましたが、なにより気になっていたのは、ゲームを落ち着かせようとする意識が少ないということでした。

 いつもの福岡とは違う。それが90分間を通して、ずっと感じていたことでした。とにかく攻守のバランスが悪すぎたことが、その理由です。選手たちが「まずは守備から」と常に口にするように、リスク管理に気を使いながら、最大の武器である前へ出るパワーを活かして勝点を重ねてきたのが福岡。しかし、「アビスパは、終始、バランスを崩して点を取ろうという形だった」と松田浩監督(栃木)が福岡の印象を語ったように、今日の福岡は、何かに追いかけられているかのように、前がかりになっていたように思います。

 おそらく原因は、ちょっとした事なのだと思います。けれど、そのわずかな綻びがチーム全体を大きく変えてしまうのがサッカーの怖いところ。今日の試合はそんな試合ではなかったかと思います。そして、1シーズンの中には、こういう試合があるのも、またサッカー。ですから、安易に昇格争いのプレッシャーなどと言う言葉は使いたくありません。いつものように、勝利も、敗戦も、ひとつの試合と捉えて、まずは試合で見つかった課題を冷静に見つめることだと思います。

 また、記者席で栃木担当のライターと「今日の試合は、勝たない限り、後味の悪さが残る」と話し合っていましたが、両チームともに、プレー以外の要因がそれぞれに影響を与えていました。でも、それもサッカーです。しかも、J2に所属しているのは自分たちの力の結果。受け入れがたい状況は自分たちの力で抜け出すしかないと強く思った試合でもありました。ただ、ミックスゾーンで、選手が誰1人として、このことに言及しなかったことに逞しさを感じました。

 さて、結論としては悔しい敗戦でした。もったいない試合だったとも思っています。けれど、勝利も、敗戦も、等しく正面から受け止めた上で、常に変わらぬ精神状態で戦い抜くチームが最後に笑えるチームです。「1試合負けたからと言って一喜一憂せず、次の試合に対して100%のアプローチをして準備することが大事」という丹羽大輝の言葉通り、残り5試合を変わらぬ姿で戦うことが何よりも大切です。ここからが本当の昇格争い。この緊張感を味わいながら、前へ向かって歩み続けるだけです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。