「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘り強さの証明の逆転勝ち



 岡山のいいところと、福岡の課題がぴったりと重なる試合は、予想以上に難しい展開になりました。しかし、最後は福岡の力勝ち。前半の戦い方に大きな課題を残したものの、率直に言って、力強くなったなという印象を持ちました。リズムが悪い時間帯には慌てずに丁寧にボールをつなぎ、後半になると、どんな相手にも勝るフィジカルの強さをベースにリズムを刻み、勝負どころでゴールを決めて一気に流れを引き寄せる。ここ数試合続く流れは過去にはなかったパターンで、そこに福岡の新たな変化を感じています。

 粘り強くなった要因は自分たちのサッカーに対する自信だと思います。「状況が悪くなっても、しっかりとつないで動かしていれば自分たちの時間が必ずやってくる」と選手たちは口々に話していますが、その自信が、苦しい時にロングボールに頼るという課題を克服し、ボールをつないで相手を動かすことで、勝負どころでフィジカル的に優位に立つという状況を作り出しています。ここぞというところでゴールを決める城後寿の活躍がチームに勢いを与えているのは言わずもがなです。

 また、失点をしても、勝負が決まる追加点を与えないのも勝ち続けている大きな要因です。天皇杯を含む直近の5試合で先制点を喫した甲府、富山、岡山のいずれの試合でも、決勝ゴールを奪われてもおかしくないピンチを招きながら、そのたびに体を張ってゴールを許しませんでした。岡山戦も、ゴールライン上からヘディングでクリアした山形辰徳、GKとの1対1のシーンを作られながら、必死に戻ってシュートをブロックした柳楽智和、そして、度重なるファインセーブを見せた六反勇治の活躍があったからこそです。

 しかし、これから厳しさが増すJ1昇格レースを勝ち抜くためには、やはり、先制点を与えないことが何よりも肝心。力が拮抗した者同士の対戦では、そうそうチャンスがあるわけではないからです。僅かな隙も見せずに試合を運ぶこと。そして、少ないチャンスを確実にものすること。それが勝利への条件です。勝利したことを自信にしつつ、先制点を喫する試合が続いている原因を分析し、課題を修正する必要があります。勢いだけではJ1昇格は手に入れられません。

 そして迎える千葉戦。この試合ですべてが決まるわけではありませんが、今シーズン最初の山場であることはもちろん、今後の昇格争いに大きな影響をもたらす試合であることは間違いありません。福岡にとっても、千葉にとっても、勝点3が必要な試合。「勝たなければけいない」と思うのか、「全力で勝点3を取りに行く」と思うのか、その微妙な違いが勝負を分けるような気がしています。そして、福岡はあくまでもチャレンジャー。いつものように目の前の試合を100%の力で戦って勝点3を取りに行くだけです。

コメント

しばらく更新がありませんね。
楽しみにしているので,再開してください。

中倉さんお具合でも悪いのでしょうか?
更新されないので心配しております。
アビスパへの熱きメッセージをお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。