「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れを変えたワールドクラスのゴール



「立ち上がりにやられ、その後も危ないシーンを作られ、草津戦と同じような展開になりかけた」(田中誠)。その言葉通り、富山戦は非常に難しい試合でした。開始早々の失点以降はボール支配率で上回り、富山の両サイドのスペースを使い、時には裏のスペースを狙いながら自分たちのサッカーをしようと試みるものの、プレーに緩急をつけられずに決定的なチャンスを演出できないまま。堅守からカウンターを狙う富山の狙い通りの展開にはまってしまったように見えました。

 そんな展開を変えたのが城後寿の一発でした。一瞬のスピードで抜け出して躊躇なく振り抜いた左足から放たれたワールドクラスのゴール。このゴールで全ての流れが福岡に傾いたように思います。そして、2列目から鋭くゴール前へ飛び出して、中町のスルーパスに合わせた2点目。絶妙な場所にボールを出した中町のプレーも見事でしたが、大久保が落とした瞬間に城後がスペースに向かって走り出した時点で勝負ありでした。

 その城後が、この日も口にしたのは、自身のゴールの喜びではなく、チームの勝利に対する喜びと感謝の言葉でした。「勝てたことが良かった。そして遠くまでやってきてくれたサポーターへの恩返しのゴールになったんじゃないかと思う。気持ちよく福岡に帰ってくれたら自分も嬉しい」
 リハビリ期間中に、精神的に強くなったと話す城後ですが、精神的な逞しさと、誰もが認めるポテンシャルの高さが融合されて、いま覚醒の時を迎えているように思います。

 そして、私の目に印象に残ったもう1人の選手が大久保哲哉でした。先発を外れた時、「いろいろと難しい。でもメンタル的に落ちても何もいいことはない。やることをやるだけ」と自分に言い聞かせるように話していた大久保。自分の置かれた状況を受け止めて、いま何をすべきなのか、チームの勝利のためにできることは何かだけを考え、この日の2点をお膳立てしました。様々な思いが胸の中に渦巻いていたことは想像に難くありません。けれど、それをプレーで跳ね返した姿は見事でした。

 さて、試合直後の率直な感想は「粘り強くなったな」というものでした。悪い流れを全員で我慢し、勝負所を逃さずに勝点をものにする。「90分間で勝点3を取る」という姿勢がチームに定着しつつあるように思います。しかし、まだまだ。選手1人、1人が口にするように、福岡はあくまでもチャレンジャー。これからひと山も、ふた山もあるリーグ戦を変わらぬ精神で戦い続けることが何よりも大切です。千葉との大一番も、必要以上に気負わずに、いつもと同じ思いで戦ってほしいと思っています。

コメント

ワールドクラス!!

ワールドクラスのゴールには、私も同感です。
あの得点シーンをTVでみた瞬間叫んでました!
なのにメディアでは全く取り上げれてくれません。
あのゴールを同じように「ワールドクラス」と感じてくださった方がいて、感激です!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。