「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥栖との戦いで見せた富山のアグレッシブさ



 このアグレッシブさはどこから来るのだろう?鳥栖-富山の試合を見た率直な感想です。ゲームに入りきれないうちに喫した4分の失点。攻撃に転じたところを鳥栖に上手くあしらわれて、バイタルエリアを切り裂かれて奪われた2失点目。「3失点目を喫していたらチームは崩壊していた」(楚輪博監督・富山)。「2-0からもうひとつ取ることができず、勝ちゲームを引き分けてしまった」(松本育夫監督・鳥栖)。両監督の言葉通り、この時点では鳥栖の一方的な展開になるものだと誰もが感じていたはずです。

 しかし、ここから見せた富山の攻撃は見事でした。とにかくアグレッシブ。グイグイと前からボールを追いかけ、それをフォローして後ろからも、どんどん、どんどん押し上げてきます。そしてボールを奪うと、いったい何人いるんだろうと思えるほど、次から次へとボールを追い越し、ボールホルダーは常に前を向いてプレーします。2点をリードした鳥栖が、やや受け身になってしまったこともありましたが、それにしても、富山の前へ出る勢いと運動量は、とても18位のそれではありませんでした。

 そして、驚くような運動量と、奪ったボールに何人もが絡んでボールを運ぶパスワークで鳥栖を圧倒。気が付けば、鳥栖が2点をリードしながらも、試合展開は富山の一方的なペースになっていました。特に45分に挙げた同点ゴールは「本当に惨めな取られ方」と松本監督が振り返ったように、鳥栖をたじたじにした上でのゴール。攻守に渡るアグレッシブな姿勢は、ただ、ただ、脱帽でした。

 その中心が朝日大輔。右SHがスタートのポジションですが、実際はトップ下の位置に入ってきて中盤で自由にプレーします。何より特筆すべきは攻撃の要でありながらも、守備面でも多大なる貢献をしていること。衰えを知らない運動量と、チームのために力を惜しまずにプレーする姿勢は富山の象徴とも言えるものです。そして、前線でボールを引き出す黒部光昭、その周りを衛星のように動き回る大本敬介、中盤のバランスをとる上園和明、前線にボールを供給する長山一也らが中心になって戦うチームは、リズムに乗れば非常に怖いチームだと思います。

 福岡は、その富山とアウェイで対戦します。前から来る富山のスタイルは、裏のスペースを狙う福岡にとっては決して戦いにくいわけではありません。しかし、富山が鳥栖との戦いで見せたアグレッシブさからすれば、相手を受けるような戦いをしてしまうと難しい展開になることは間違いありません。前回対戦の5-0の勝利は過去のこと。順位、勝点差を意識せずに、謙虚に、相手を尊重し、しかし自分たちに自信を持って戦う精神で、しっかりと勝点3を持って帰ってきてほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。