「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しさを次なるパワーに変えて



 全てを尽くせば悔いはない。私はこの言葉を信じていません。全てを尽くし、思い通りにやったからこそ、結果が付いてこなければ悔しさだけが募るもの。甲府戦後の篠田善之監督も同じような気持ちだったように思います。自分たちのサッカーを見せられた。甲府よりもいいサッカーを見せた。その言葉に嘘偽りはなかったと思います。しかし、その表情や口調からは、勝点3を手にできなかった悔しさが手に取るように伝わってきました。勝ちたかった。そういう試合だったと思います。

 返す返すも残念だったのは2失点を喫した時間帯。昨年の大量失点の再現を見ているかのように、簡単に、しかも何度も左サイドを崩され、シンプルなロングボールにラインが下がり、ボールは相手に持たれたまま。チームの守備バランスは完全に崩れ、甲府の言いようにやられてしまいました。試合早々の先制点と、前に出てくる甲府を上手くあしらいながらシュートを打たせていませんでしたが、ただ守るだけになっていことが、甲府なリズムを掴ませることになったように思います。

 しかし、違った姿も見せてくれたと思います。「ポンポンと2点を取られて去年の試合の記憶がよみがえった。このままじゃ駄目だと言い聞かせた」(城後寿)。その後の危ない時間帯を何とかしのいだ福岡は、30分を過ぎてからは試合の流れを引き寄せ、ここからは自分たちのサッカーを展開。後半に入ってからは運動量が落ちた甲府のミスを誘い、守から攻への切り替えの速さを武器に、何度もチャンスを作り出しました。

 そして、何といっても、城後寿の活躍を抜きの甲府戦は語れないように思います。岡本の落としたボールをループで決めた1点目。中盤にこぼれたボールに素早く反応して相手の裏に飛び出して奪った2点目。いずれも、彼の前へのパワーが生んだゴールでした。全体を見れば、まだまだ物足りない部分もあります。しかし、この日の2ゴールは、「全ての人に感謝している」という城後の思いがこもったゴールでした。「勝てなかったのは悔しい。ただゴールは素直にうれしい」。これからも感謝の気持ちをゴールという形に代えてくれるはずです。

 チームの変化と、失った勝点2。チームは収穫と悔しさを胸に福岡へ戻ります。あれが決まっていれば。あそこでボールを納められれば。あそこでミスをしなければ。改めて試合を振り返ると、自分たちのサッカーを表現しながら、もったいないミスが多かったのも事実です。しかし、それが今の福岡の力。ただいたずらに悔むのではなく、自分たちのサッカーに対する自信と、出来なかったことを正面から受け止めて、次節の水戸に向けての準備をしてほしいと思います。ここまでくれば、ただ前を向いて進んでいくだけです。

0816_02.jpg0816_03.jpg0816_04.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。