「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは1勝

 本当の勝負がかかる後半戦。その初戦で福岡は愛媛を2-0で下しました。過去2戦の結果を踏まえて福岡に求められていたのは、難しい試合を勝ちきるということ。そして、J1昇格のためには、ここからは内容云々よりも結果が優先。そういう意味では、いいスタートが切れたのではないかと思います。永里源気が試合を振り返ったように(J's GOAL の選手コメントを参照してください)、決していい試合ではありませんでしたが、それでも勝つことが後半戦で求められていることです。

 ここ3試合を見る限り、守りに重心を置き、全員で頑張るチームをどう攻略するかという課題についての答えは見えなかったように思います。しかし、試合をこなしながらチームに新しい形を付け加えることは難しく、中断期間を終えたいま、抱えている課題を声高に叫んでも現実的ではありません。長所も、課題も、しっかりと受け止めた中で、ここまで自分たちが追求してきたサッカーの精度をどこまで上げられるか。それをどう効果的に使うか。それが勝負のカギを握っています。

 そういう点から見れば、2試合続けて無失点で切り抜けたこと。そして、セットプレーから得点を重ねたことは、福岡にとっては新しい変化と言えるのではないかと思います。過去の敗戦は、我慢しきれずにワンチャンスをセットプレーで決められ、攻め手がないままに無得点で終わるというのが勝点を落とす時のパターン。内容的には、過去に勝点を落としたゲームと同じようなゲームでしたが、ゴールという部分では過去とは違った結果を手に入れました。それが変化なのだと思います。

 また、中断前の最終戦から数えての4試合の采配からは、篠田善之監督が攻撃の活性化を図るために、前線の軸を城後寿に託そうとしていることが窺えます。本人も、監督も認めるように、ゲーム感、ゲーム体力という点では、まだまだ本来の調子に戻っていませんが、ボールを収める能力、前へ出るパワーという面では力が発揮できる選手。現段階で彼が持つマイナス面を周りがカバーできれば、彼のプラスの力がチームの活性化につながるのではないかと思います。

 もっとも、結果と内容は完全に切り離して考えられるものではありません。違いがあるとすれば、結果を手に入れるために自分たちの欠点をなくすことに重きを置くのか、欠点は欠点として受け止めた上で、自分たちの強みをさらに磨くことで結果を手に入れるかの違いでしかありません。そして、いずれの方法をとるにせよ、自分たちの選択を徹底できたチームが最終的な結果を手に入れることになります。これから先も難しいゲームは続きます。そんな中で、良くも悪くも、自分たちのサッカーを貫き通してほしいと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。