「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の続きはレベルファイブスタジアムで



 まずは昨日行われたユーストです。多くの方に見ていただき大変感謝しております。ありがとうございました。○時間に渡って行われたLiveMomoの番組の中では最も多くの視聴者を集め、スタッフの間でも好評でした。これをきっかけに、何らかの形で継続させてもらえないかなと思っています。仲間と創刊した「INSIDE」の販売が好調なように、いま福岡は何かが動き始めているように感じていますので、何とか流れを止めないようにしたいと思っています。

 さて、そして今日の愛媛戦です。福岡にとっては後半戦の初戦。しかも、相手は第○節にアウェイで敗れた愛媛で、福岡が苦手としている守りを固めてカウンターを狙ってくるチームです。その相手に対してどのような戦いを見せるのか。堅守を誇る愛媛をどうやって崩すのか。中断明けの過去2試合で勝利を逃していることもあって、単なる1試合ではなく、今後を占う上で非常に重要な1戦だと思います。

 引いて守っている相手に今までと違った戦術で臨むということではないと思います。自分たちがここまで見せてきた相手の裏を素早く突くサッカーを貫くために、どんな工夫をするのか。それが今日のポイントだと思っています。愛媛は守りを固めているとはいえ、マイボール時には両SBが非常に高い位置を取りますし、楔のボールに対して、CBが鋭く食いついてくるという特徴を持っており、そのあたりに、愛媛を攻略するポイントがあるように思っています。

「変わらなくてはいけない」という言葉でスタートさせた2010年シーズンも、残すところは18試合。ここからが本当の勝負どころです。福岡が前半で見せたいくつかの変化は単なる序章にすぎません。その変化をベースにして更なる変化と成長を遂げることができるのか。それが試されるのがこれからの18試合です。その先に見えるのはJ1に続く扉。過去3年間に味わった悔しさを晴らすためには、その扉を自分たちの手で開けるしかありません。

 そのためには、チームにおいても、個人においても、目指すサッカーを、もっと、もっと追求することが必要です。そして、ありとあらる力を結集して戦わなければなりません。ひとつのパス、ひとつのシュート、ひとつの采配。ひとつの声援、ひとつの拍手。それらのすべてが福岡の力。それらがひとつになった時、レベルファイブスタジアムに大きな力が生まれ、勝利を掴むことができます。「夢の続きはレベルファイブスタジアムで」。その夢が結実するように、ゴールに向かって真っすぐに走り抜けてほしいと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。