「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求められる、もう一工夫



 遅くなりましたが岡山戦です。昨シーズン一つも勝てなかった相手に対して今回もドロー。内容的にはどちらに転んでもおかしくない試合で、残念なことではありますが、結果は妥当なものだったと思います。むしろ、攻撃の形という点で両チームを見れば、岡山の方に意図的な崩しが多かったように感じています。福岡は、調子を崩しているというよりも、ここまでに敗れた試合や、引き分けた試合と同様に、自分たちのストロングポイントを生かすための工夫に欠けたように感じています。

 J's GOAL のレポートにも書きましたが、前半は互いの相手のトップに入ってくるボールを激しく潰し合う展開。福岡は大久保哲也に、岡山は三木良太・李東明のツインタワーにボールが収まらず、互いに好機を作れませんでした。ただ、攻撃が活性化しなかったというよりも、互いの守備陣が相手の起点をうまくつぶしているなというのが私の印象。特に、丹羽大輝、宮地洋輔の両CBが激しく競り合うところに、素早くプレスバックして相手の自由を奪う末吉隼也のプレーが印象に残りました。

 福岡が攻撃のリズムを刻んだのは、高橋泰がピッチに登場した後半開始から、城後寿がピッチを退くまでの時間帯でした。高橋がタイミングよく上下しながらボールを収め、そして捌くことで、前半は停滞していた2トップの縦のコンビネーションが活性化。それに伴い、両サイドから駆け上がるシーンも増えていきました。城後がピッチを退いてからは再び福岡の攻撃が停滞してしまいましたが、怪我から復帰して間もない城後は万全な状態には遠く、交代も致し方なかったと思います。

 さて、福岡に所属する選手の特徴を考えると、手間をかけずにシンプルに裏を突くサッカーは有効な手段だと思います。けれど、そのストロングポイントを活かすための工夫に欠くきらいがあるのではないかと感じています。裏のスペースを消し、起点となるFWを徹底的につぶすことに力を注ぐチームに対し、強引にトップにボールを集め、一発で裏へ出ようとすれば、攻撃は単調になり、やがては停滞します。自分たちの特徴を活かしたいがための、もう一工夫。それが後半戦を戦う福岡の課題だと思います。

 サッカーにマジックはなく、結局のところ、方向性をぶらさずに地道に積み重ねていく以外に問題は解決しません。しかし、その一方で、シーズン終了後に3位以内に入るという目標を達成するには、目の前の試合で結果を出し続けなければなりません。特に、この日のような難しい試合で勝利することが必要不可欠で、残り18試合となった今、現在の課題は早急に改善しなければならない問題でもあります。この相反する問題とどうやって折り合いをつけるのか。簡単な問題ではありませんが、アグレッシブな姿勢で挑戦してほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。