「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま思うこと

雁の巣の午後

 いろいろと考えるところもあり、また仕事が貯まっていたこともあって、更新が滞っておりました。この10日の間、アクセスしていただいた皆さんには申し訳ありませんでした。反省しております。

 さて、福岡は厳しい戦いが続いています。落ち着いたかに見えた守備も横浜FM戦では3失点。そして、攻撃面では連携の悪さからか、攻守の切り替えが遅く、素早く帰陣する横浜FMの前に、数的優位を生かせずに攻めあぐねたという印象が強く残りました。個々の選手が必死になって戦っていること、1人、1人が自分の能力を最大に発揮しようとしていることは痛いほど感じます。しかし、その思いがひとつの糸で結べない。それが今のチームの現状だと思います。

 千代反田選手も指摘しているように(J's GOALインタビュー)、現在の状況は、福岡の最大の強みであった「組織的な守備」に手を入れた結果、チームの約束事が曖昧になってしまったことから派生しているものと思います。勝てなかったチームの戦術を変更しようとするアプローチ自体は間違っているとは思いませんし、変えたことに対する不平・不満をぶつけるつもりもありません。しかし、結果として上手くいかなかった以上、失敗を失敗として真摯に受け止めて、方向転換をする必要性を強く感じます。

 練習取材をしている限りでは、川勝監督の攻撃的なサッカーをするという志向に変わりはないようです。しかし、監督交代後も前線の選手に効果的な補強が出来ていない現状や、チームの持っている力、そしてJ1残留が最大の目標となったいま、やらなければいけないことはチームの強みを最大限に生かすことです。それは、組織的な守備戦術を取り戻すことに他なりません。「引いて守りを固める」のではなく「いい攻撃につながる組織的な守備」。それを選手たちの多くは望んでいるものと思います。

「個の力」が弱い福岡にとって、「個の力」を身につけることは必要なこと。また、理想とするサッカーを追及することでチームが成長していくことも確かだと思います。ただ、今の状況で、そこに注力すべきかといえば、それは間違っていると思います。おそらく、選手が行った緊急ミーティングの結果は監督にも伝えられているはずです。それを踏まえて、チームがひとつの方向へ向かってまとまってくれることを祈っています。

 選手たちは今の状況から脱するために必死でもがいています。その選手たちを後押ししようと博多の森では様々なムーブメントが起こっています。それが自分たちの力になることを選手たちは実感しているように思います。ただ、我々が出来るのは選手たちを勇気付けることだけ。チームが抱えている根本的な問題の解決や、チームを正しい方向へ導くことが出来るのは、最終的にはフロントしかありません。フロントがビジョンに基づく強いリーダーシップを発揮し、そして、クラブ一体となった取り組みで残り11試合に臨んで欲しいと思います。

コメント

今シーズン初めての勝利を目にすることができました。
今までに無い異様な雰囲気!でもなんていうのだろう~、気負って無い、というか秋空のような
澄んだ気持ちで試合を見ることができた気がします。
アビスパが好きだから、降格するならするで
最後をしっかり見届けよう!と子供にそう話して
駆けつけました。
でも、勝ちました!!!
しかも後半のサポーターの目の前でのゴール!
勝利の瞬間!観客の多くは目が潤んでいました。もちろん私も~
確かに後半は、攻められっぱなしだったけど
でも前にでる姿勢があったから追いつかれなかったと思います。
最後に、ヒーローインタビューでの布部選手が
セレッソサポーターに頭を下げて感謝の意を表していたのは、よかった!
試合後はノーサイド!敵味方にわかれたけど
感謝は忘れてはだめだよね。
まだまだ進化途上のチーム、クラブ、サポーター、残りの涼しくなる季節を熱くしたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。