「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、大分戦

大分駅前

 金曜日は平塚まで出かけていって湘南vs.鳥栖戦を取材。一泊した後、朝の飛行機で大分へやってきました。本来なら、九州ダービーにこだわってぶつかり合いたいところですが、残念ながら、福岡にダービー云々を言っている余裕はありません。どこであろうと、どんな内容であろうと、とにかく勝ち点3を奪い取って福岡に帰ること。それしかありません。とにかく勝ち点を挙げ続けることでしかトンネルの出口は見えてきません。

 公式バスツアーは8台。そのほかにも、高速バスや列車で大勢のサポーターが九州石油ドームに集まってきます。サポーターの有志は選手たちに力を与えるために、メッセージボードのようなものを用意しているようです。ファンやサポーターが具体的な行動を起こし始めてから迎える最初の試合。みんなで確認しあったように、試合中は主義・主張を乗り越えて、福岡にかかわる全ての力を集中して選手たちに届けるつもりです。

 選手たちも必死です。非公開練習が増えた雁の巣では、どれだけの準備をしているのか正確に掴みかねるところもあります。ただ、大きく変わっているのは、選手同士が気づいたことを指摘しあっていること。攻撃的なサッカーと、1対1の強さを求めるあまりに崩れてしまったチームのバランスを取り戻すことに必死です。成績不振のチームが公然と内部批判をすることは珍しくないことですが、そんな態度を少しも見せずにトンネルの出口を探しています。

 選手やファン、サポーターの強い思いが今日の試合で形になることを願っています。厳しい戦いになることは間違いないでしょうし、思い通りの展開にならないことも多いと思います。それでも怖がらずに、自分たちで確認しあったことを忘れずに、果敢に攻め、そして耐えて、90分が終了した時点で勝ち点3を手に入れてほしいと思っています。さて、そろそろホテルを出発です。私も記者席からメディアの仲間と一緒に念を送りたいと思います。

コメント

内部批判とまではいかないにしても、上の人間に意見を言っただけで干されてる選手もいるようですね。上にはロクな人間がいませんね(怒)

大分の迫力に圧倒された~!
ジャスコへの買い出しの時点から既に
トリニータブルーに囲まれて、
席もアウェー側なのに、
トリニータファンに囲まれて、最初は恐かった~
でも試合中に福岡応援していても、何も言われなかったし、みなさん紳士でした。情け?かな?

完全アウェーのダービーの中で、
スコアレスドローだったけど、
なんとなく、少しずつ、一体感が、選手達にも、
サポーターと選手達の間にもでたきたような~
気がします!この状態を真正面から受け止めて
残留!めざして頑張ろう~って!
あのプラカード、「残留」はなんとなく直接すぎるから、個人的には、「初心」とか「挑戦」とか
「一体」とか、「俺たちもついてるぞ~」と鼓舞できる言葉がいいような気がしました。

またまた、来週のマリノス戦もいかなくっちゃ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。