「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘り強さが見えてきた



 3試合連続の1点差勝利で4連勝。素直に「粘り強くなったな」と感じています。先制点を奪われて4月の4連敗の悪夢が脳裏をかすめた横浜FC戦から始まった1点差勝利ですが、その内容は試合を重ねるごとに安定感が感じられるようになってきており、確実にチームは力を付けつつあると思います。リカルド・ロボの欠場、米山篤志の出場停止など、福岡に有利な条件もありましたが、様々な条件をしっかりと勝ちにつなげられるのも、力のある証拠だと思っています。

 そして、新しいチームの中で、久藤清一が機能し始めたのも福岡にとっては好材料。永里源気のスピードを最大限に活かす戦いを進める中では、ボールが左サイドに集中してしまうことや、タメを作るよりも縦に早くボールを運ぶことが優先され、久藤の持つ能力を活かす場所がないのではないかと感じていましたが、ここへきて、久藤を経由する攻撃が増え、それに伴い、リズムに緩急が生まれてきたように思います。この日も2点とも起点になったのは久藤。特に2点目は久藤ならでは演出だったと思います。

 今シーズンのチームスタイルが久藤のリズムとは違うと感じていましたが、それを認めた上で「今シーズンのチームの戦い方はこういうスタイル。それに自分が合わせないといけない」と話していた久藤。そして、試合を重ねていく中で、チームのスタイルに順応するだけではなく、自分の特長をしっかりとチームに加える久藤のプレーを見るたびに、改めて、福岡には欠かせない選手であることを強く感じています。これから、もっと、もっと久藤の良さを見せてほしいと思っています。

 その一方で、栃木との試合にもいくつもの課題が見られました。裏を狙う意識が強すぎて自分たちでリズムを崩してしまったこと、セットプレーでのマークが曖昧だったこと、ここからと言うところでボールを失う場面が多いこと等々、まだまだ改善すべき部分は多いと思います。しかし、どんな試合でも課題はつきもの。ネガティブに捉えるのではなく、次のステップに進むための課題と捉えて、ひとつずつ解決していってほしいと思います。

 さて、W杯による中断期間まで残された試合は大分との1試合のみ。成長の跡が見えるとは言え、まだ中位グループにいることに変わりのない福岡にとっては、この試合で勝点を積み上げて、上位グループとして後半戦を戦える足がかりを作らなければいけません。油断することなく、目の前の90分間にだけ集中し、いつものように自分たちのプレーを表現することに専念し、これがホームだという雰囲気の中で勝ち名乗りを上げてほしいものです。必要なのは勝点3です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。