「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更なる挑戦 矢田貝実希子(DF 背番号2)

矢田貝実希子(やたがい みきこ)
1986.11.4生
出身地:広島県
身長/体重:149/41
前所属:バニーズ
登録年数:6
2009年度成績(得点数/出場試合数):1/5
通算記録(得点数/出場試合数):4/51

 身長149センチの小柄なSB。しかし、身長のハンデを感じさせない鋭い出足で駆け上がり、時としてゴール前にまで顔を出すプレーが観客の目を引き付けます。「得意なプレーはオーバーラップ。スポーツは体が大きい方が有利だと言われるじゃないですか。でも小さくても、こんなにできるんだなと周りから思われたいです」と本人は話します。短いセンテンスでハキハキと話す様子は、気の強さも窺わせます。

 出身は広島県。中学校から本格的にサッカーを始め、高校は関西の強豪校・日ノ本学園へ。卒業後は宝塚バニーズ(現パニーズ京都SC)で2年間プレーしたあと、母校の日ノ本学園のスタッフとして後輩たちを指導する毎日を過ごしていました。「選手としてプレーするのは、もういいかなって。でも、後輩たちがすごく楽しそうで」。そして、日ノ本学園の監督の勧めで福岡J・アンクラスへ。今年で復帰後3年目のシーズンを迎えました。

 現在はアルバイトしながらサッカーを続ける毎日。大変じゃないかと聴くと、あっさりと答えが返ってきました。「サッカーをするために福岡へ来たんだし、バニーズにいた時も8時から夜まで働いていたし、そういう生活がずっとなので、自分にとっては普通です。サッカーができれば、それでいいという感じです」
 そして、サッカーの魅力をたずねると、次のような言葉が返ってきました。
「ゴールが決まった後とか、GKがセービングしたときとか、みんなで集まって、ワーッて盛り上がるじゃないですか。それが楽しいです」

 選手に復帰して感じることは、女子サッカーに対する関心度が高まったことだと話します。そんな中でも福岡は特別だと話します。
「アビスパがあるから、みんながサッカーを知ってますよね。ジェフレディースとか、浦和レッズレディースはJリーグの下部組織ですけれど、アビスパとアンクラスは全く別の組織なのに、試合で紹介してくれたり、ボールスタッフをさせてくれたり、すごく宣伝してもらっているなって感じます。アビスパのレプリカを着たサポーターに、頑張れって言われると凄くうれしいです」

 そして、再開するシーズンについて抱負を話してもらいました。
「一緒に昇格した伊賀、狭山にだけは絶対に負けたくないですね。それに、昇格組の3チームが8位、9位、10位になったら、やっぱり昇格組は下から3つと言われる。それだけは嫌。少なくても7位以上が目標。それに、アビスパと比べたら迫力はないかもしれないけれど、頑張っている姿はJリーガーに負けない自信はあるので、もっと、もっと見に来てほしいです」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。