「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更なる挑戦 神成美紀(DF 背番号4)

神成美紀(かんなり みき)
1987.5.6生
出身地:北海道
身長/体重:163/57
前所属:岡山湯郷ベル
登録年数:5
2009年度成績(得点数/出場試合数):3/19
通算記録(得点数/出場試合数):4/29

 小さい頃は、札幌から引っ越した盛岡のスイミングスクールの育成コースに在籍。将来は水泳選手を夢見る子どもでした。ところが、小学校5年生の時に札幌に戻ったのをきっかけにサッカーを本格的にプレーすることになりました。
「小学校の休み時間にサッカーは良くやっていたんですけれど、盛岡では少年団に女の子が入れなかったんです。でも、札幌では女の子も入れるということだったので、さっそくサッカーを始めました」
 本格的に取り組んでいた水泳は、なぜか「ま、いっか」という理由で断念。そこからサッカー一色の生活が始まります。

「周りは小さい頃からやっていたのでボールを蹴れるけれど、自分は始めたばかりでリフティングが6回くらいしかできないのが悔しくて、悔しくて。それでとにかく練習をして、リフティングも何百回もできるようになって。自分でできることが多くなって行くたびにサッカーに夢中になりました。辞めようとか思ったことは一度もありません」

 アンクラスとの出合いは、高校卒業後に入団した岡山湯郷Bellで出場機会が得られずに悩んでいた頃。忍びの里レディーストーナメントでのことでした。
「若い時にたくさんの試合を経験したくてチームを探していたときに、アンクラスのアップしているところを見たんです。とても楽しそうだったし、上手い選手もいる。それからずっとアンクラスのことが気になっていて・・・。それで練習参加をしたらOKをくれたので、すぐに福岡に来ることを決めました」

 福岡は縁もゆかりもない土地。日中は自分で見つけた職場で働き、夕方からはアンクラスの練習に参加する。福岡に来て2年目になりますが、スタジアム以外はほとんど分からないと本人は言います。それでも顔に浮かぶ笑顔は、好きなサッカーが出来る喜びにあふれているように見えます。
 出場機会を得たことで心境にも変化が生まれています。岡山にいた頃は高校を卒業したばかりということも手伝って、どちらかと言えば、やらされている感じだったのが、今では自分から率先して行動できるように変わってきたと話します。しかも戦いの舞台は、女子サッカーの最高峰であるなでしこリーグ。「やりがいはかなりあります」と本人も話します。

 持ち味は、体を張ってボールを跳ね返すプレーと、常に大きな声で仲間に向かってコーチングを続ける姿勢。河島監督も「彼女だけには声を出せと言った覚えがない」といいます。そして、「チーム全員が一丸となって、最後まで諦めずに戦うプレーを、たくさんの人に見てもらいたい」と話します。
 福岡J・アンクラスの次節の試合は27日。小郡陸上競技場で11:30にキックオフされます。神成選手の気持ちの溢れるプレーを見るために、是非、スタジアムへ足を運んでください。

コメント

がんばれ

元気に頑張ってな小学と自学しか一緒じゃなかったけど応援してるぞー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。