「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回HIBINO CUP(@福岡市役所前広場)



 HIBINO CUP(@福岡市役所前広場)に参加してきました。過去、大宰府で2度開催されていましたが、福岡市で開催されるのは初めて。個人的には3度目の参加になります。今回は仲間が集まらずに断念せざるを得ないかなと思いましたが、実行委員会ならびにアビスパ福岡のご配慮を得て、ホームタウンコーチ・チームの一員として特別参加させてもらいました。ちなみに、私は6試合に出場して3得点。みなさんのおかげで楽しい1日を過ごすことが出来ました。

 さて、HIBINO CUPとは、スポーツとアートが融合したサッカー大会のこと。アーティストの日比野克彦氏監修のもとで行われているもので、参加チームはダンボールでゴールを、エアパッキンでボールを作り、自分たちで作った手書きのオリジナルユニフォームを着て戦います。ゴールの形も、ボールの形も、ユニフォームにも制限はなし。それぞれのチームがアイデアを出し合って作ったものを持ち寄って戦います。対戦はGKなしの5対5。ゴールに当たれば得点とみなされます。

0531_02.jpg
 初めてHIBINO CUPが開催されたのは2005年(@水戸)。今回は16回目で過去最多の25チームが参加しました。まずはゴールとボールとユニフォームづくり。それぞれが完成すると、いよいよ試合です。

 下は幼稚園児から、上は人生のベテランまで。サッカー経験者もいれば初心者もいる。体力も実力も様々な人たちが参加していましたが、誰も手加減はしません。なぜなら、フットサルよりも狭いフィールドと、転がらず、飛ばないエアパッキン製のボールが互いの実力を相殺してしまうからです。年齢、経験、性別を超えた真剣勝負。これが堪らなく楽しいんです。

 とりわけ、マジ度で群を抜いていたのが、アビスパ福岡ホームタウンコーチ・チーム(汗)。素人相手にハイプレッシャーをかけ、本気で体をぶつけ、情け容赦なくゴールに迫ります。しかし、「大人げない」と言われるかと思いきや、むしろ、彼らの見せるパフォーマンスの高さに、大勢の参加者が惹きつけられていたように思います。そして私の眼には、彼らの高いパフォーマンスはもとより、その突き抜けた真剣さが、とても格好良く映りました。

 優勝は、もちろんぶっちぎりでアビスパ福岡ホームタウンコーチ・チーム。同ユースチームとの決勝戦は、参加者全員に囲まれた中で行われ、ちょっとした大会の決勝戦にも似た雰囲気でした。私も2分ほど、その中に入れてもらいましたが、いやいや気持ち良かったです。そして表彰式では、お立ち台に上がってトロフィーを掲げるというW杯お約束のパフォーマンスもありました。
 いつものサッカーとは違いましたが、ボールを追うことで参加者全員がひとつになれた1日でした。

0531_04.jpg 0531_05.jpg 0531_06.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。