「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更なる挑戦 猶本光選手(MF 背番号8)

猶本光(なおもと ひかる)
1994.3.3生
出身地:福岡県
身長/体重:158/50
前所属:ANCLASサテライト
登録年数:2
2009年度成績(得点数/出場試合数):0/1
通算記録(得点数/出場試合数):0/1

 恥ずかしそうに小さな声で取材に受け答えする姿は普通の16歳。しかし、言葉の端々からはサッカーに対する強い意志が伝わってきます。猶本光(なおもと ひかる)。6月1日に発表されたU-17日本女子代表アメリカ遠征(6/7~16)メンバーに選出された将来を嘱望される選手。「相手が1部であろうが、世界であろうが、ボールをキープしたら絶対に失わない。技術は岩淵真奈(日テレ・ベレーザ)よりも上。本気を出せば今年中に超えられる」と、河島美絵監督(福岡J・アンクラス)も、その才能に太鼓判を押しています。

 サッカーを始めたのは小学校1年生の時。多くの女子サッカー選手がそうであるように、兄の影響でサッカーを始め、進学した福岡女学院中学校で河島美絵監督の指導を受けて、その才能を伸ばしてきました。ポジションはMF。代表ではボランチを、福岡J・アンクラス(以下、アンクラス)では、SHとボランチで併用されています。憧れている選手は中村憲剛。「好きなポジションはボランチ。チームの中心として指揮を執って、シュートまで決められる選手になりたい」と本人は話します。

 なでしこリーグデビューは2009年6月21日に行われた(@小郡)第10節の大原学園戦(Div.2)。昨シーズンの出場は、この1試合にとどまりましたが、今シーズンは開幕から全試合に出場。「自分にとっては今年が本格的なデビューの年。思い切って挑戦するつもりでプレーしたいです。けれど、挑戦するだけでは意味がないので、挑戦して、学んだことを自分のものにして、もっとレベルアップ出来たらと思います。まずは早く1点目を取りたいです」というのが今シーズンの目標です。

 活躍の場はなでしこリーグだけにとどまりません。「ずっと選ばれたいと思っていました」という代表チームに初めて召集されたのは昨年の5月。今年の9月に開催される「FIFA U-17女子ワールドカップ トリニダードトバゴ2010」に向けてスタートしたU-16日本女子代表代表メンバーに選ばれました。そして、AFC U-16女子選手権大会では、3位決定戦でオーストラリアを下して「FIFA U-17女子ワールドカップ トリニダードトバゴ2010」への出場権を獲得。6月7日からのアメリカ遠征では、U-17アメリカ女子代表、U-17カナダ女子代表と対戦します。

「9月のU-17女子ワールドカップに向けて、今回の遠征でしっかりアピールしてきたいです。私がこの遠征に選ばれたのも、チームメイトやスタッフの方、家族、学校の先生や友達、私を応援してくれるたくさんの方々の支えがあったからだと思います。感謝の気持ちを忘れずに精一杯頑張ってきます」(猶本光)。
 アメリカ遠征はFIFA U-17女子ワールドカップ トリニダードトバゴ2010の最終メンバーを絞り込む大事な遠征。実り多い遠征にしてほしいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。