「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力を出し切ったドロー



 見応えのある試合でした。前から出てくる相手に対しては福岡のサッカーがはまると思っていましたが、見事なくらいに狙い通りの展開でした。相手の時間もあり、ピンチを作られたシーンもありましたが、そういった部分も含めて全ては想定内。我慢すべきところで我慢し、前に出るべきところで前へ出ることを的確にやれた試合だったと思っています。福岡に勝機のあった試合を引き分けてしまったのは残念ではありますが、福岡が今持っている力は全て発揮できた試合でした。

 福岡の狙いは、前に出てくる千葉に対して引くことなく、高い位置でボールを奪って4-3-3の布陣を敷く千葉のワンボランチの横のスペースを使うというもの。前半は久藤清一、永里元気が、このスペースに入り込んで自由にボールを扱い福岡のリズムを刻んでいました。激しくプレスをかけてくる相手に対し、選手間の距離を近くして、細かく、そして鋭くパスを使って中盤を抜け出していくシーンに、記者席で何度も唸っていました。

 何より素晴らしかったのは久藤のプレー。右にいたかと思えば左に現れ、高い位置で攻撃の起点になったかと思えば、最終ラインまで戻って守備にも貢献する。その運動量とポイントを突いたプレーがあったからこそ福岡がリズムを刻めたと感じています。そして中町。貴重な同点ゴールはもちろん、守備面でも随所でピンチを未然に防いでいました。開幕戦から福岡の中盤の要としてコンスタントに力を発揮し続けてる中町ですが、この試合でも、福岡にとって欠かせない選手であることを自らのプレーで示してくれました。

 田中誠と丹羽大輝の両CBもいい仕事をしたと感じています。試合前に田中誠は「個の能力の高い選手と対戦することが楽しみ。その中で自分がやれることを示したい」と話していましたが、丹羽大輝と2人で千葉のネットをほぼ完ぺきに抑えるなど、安定感のある守備を見せてくれました。
 課題をあげれぱ決めるべきところを決められなかったこと。強い相手との試合では、リズムを掴むだけではなく、ここぞというところでゴールを決め切る力が必要ですが、そこはまだまだ改善すべき点が多く、それはトレーニングの中で解決していくしかありません。

 そして最も悔やまれたのは、久藤がベンチに下がってからリズムが極端に悪くなってしまったことです。久藤のフィジカル的な問題もあり、また、相手がフレッシュな選手を投入してきたこともあって、どこまで久藤を引っ張るのか難しい決断だったと思いますが、結果的には鈴木惇がゲームに上手く入ることができませんでした。彼にとって苦い経験になってしまいましたが、これを次の試合に活かしてほしいと思います。

 そして、いつものことではありますが、大事なのは次の試合。勝点3を奪うことで、この日の戦いが活きてくるのだと思います。

コメント

現地で観戦しましたが、本当に面白いゲームでした。
中町の中盤でのチェックはかなり効いていたと思います。
ただし、中島が足を攣って、相手の左サイドにフレッシュな選手が入ってそこから攻められているのに何も手を打たなかったベンチに?マークがつきました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。