「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の形で連敗脱出



 ただいま1人祝勝会中です。肴は、JASCOで半額(199円)で手に入れた天然はまちの刺身。酒は、我が奥様がプレゼントしてくれたグレンフェディックの12年もの。そしてBGMはYouTubeにアップされているJazztronikのライブ集。中々平穏な時を過ごしています(笑)。中2日の試合で疲れが見える熊本と、開幕当時と同じ戦い方をする福岡の選手を見ながら、2点目が入る時間帯によっては大量失点もあるなと思っていましたが、その通りの展開でした。とりあえず連敗はストップ。ようやく次へ進める状況になりました。

 最大の勝因はやはり先制点。神山竜一のゴールキック1本で奪ったゴールでしたが、まさに Simple is best. 高い位置で体を張って競り合った大久保。抜群のタイミングで裏へ抜け出し、躊躇することなく右足を振りぬいた岡本英也。3人のプレーが見事にひとつの糸で結ばれた末のゴールでした。選手たちがアグレッシブでスピーディなサッカーを取り戻すことができたのは、このゴールが点が取れないという呪縛を解いてくれたからにほかありません。

 大久保哲哉のポジションをひとつ上げたことも、流れを引き寄せる要因になったと思います。大久保が高い位置でプレーすることで熊本の最終ラインが下がり、同時に、チーム全体を前へ引っ張り出すことでコンパクトな陣形が保たれ、前へ出るパワーとスピードが戻ってきました。それが、セカンドボールを支配し、選手間の距離が非常に近くなってミスがミスで終わらないという状況を作り出していたように思います。

 そして、試合後には岡本と中町公祐がヒーローインタビューを受けましたが、この2人のプレーがチームに勝利をもたらしたことについて、誰も異存はないと思います。特に、中町の働きは私の中ではMVP。勝ちから遠ざかっていたときも、中盤で汗をかき続けながら必死にボールを追っていましたが、その姿勢が、この日の2ゴールにつながったのだと思います。しかも、いずれも2列目から前線に飛び出してのゴール。これまでチーム全体に無難なプレーが多くなっていましたが、チャンスには勇気とパワーを持って前に出るという姿勢を示してくれたプレーでもありました。

 しかし、チームに変化があったかどうかはまだ分からないと私は思っています。今日の勝ち方は、いわば福岡のパターン。しかし、これまでの5試合でチームに問われていたのは、自分たちのパターンに持ち込めなかったときに、どうやって我慢し、どうやってゲームをモノにするかということだったからです。しかし、勝点3を手に入れたことで、自分たちの課題に前向きにトライする下地はできたはず。今日の勝利を糧にして、ひとつ、ひとつ、チャレンジを続けていってほしいと思います。

コメント

変化はあったはずです。
だから中町の得点、岡本の得点があるのでは。
進化につながる変化と思えば、更なる進化のために再び変化はありますよ。
その変化が傍から見てマイナスでも振り返ればプラスの変化だったと思えるときもある。
何度もアップダウンを繰り返しながら変化しながら進化するはずです。

祝勝会!!私もこそっとやりました(笑)

昨日のゲームでどうしてもわからなかったことが、久藤選手の動きです。

傍から見るとただの半端なポジショニング取りでしかなく、連携を含めて良い評価ができませんでした。
しかし、岡本・中町の得点は、その右サイドの”ぼやーっ”と開いた不思議なスペースからでした。

これは、何か戦術的な取り決めがあったものだったのでしょうか(練習ではいかがでしたか)・・・?

何はともあれ、チームコンセプトを大きく変化させないまま、前への推進力(選手間の信頼度合と思っています)が戻ったのですから、次節も期待できそうです。

最後までしっかり応援する熊本のサポーターも非常に良かったですね。
スタジアムがさらに盛り上がることを祈って!!

いつも細やかな記事、ありがとうございます。

久藤はベテランらしいいい動きしてましたよ。
確かに連携部分ではいまいちだったとは
思いますがボランチの二人をうまくフォロー
していました。
それに昨日はよく動いていた。
見えない功労者って感じでしょうか?

課題は山積み

大勝ですが課題は山積み。判断の遅さが目立つナカジ、奪い切れないにしても追い込めないプレス、プレッシャーを受けると失う連動性、攻め方のバリエーションの少なさ等々課題は山積み。なのに、アビには経験豊富な指導者が居ない。今年は若手を育てるとフロントは言うが、それもどうなることか。

中倉さんの記事、いつも楽しみにしています。
アビスパの立ち位置を冷静に見つめつつ、チャレンジし続けるよう鼓舞する視点から書かれた文章が大好きで、チェックしない日はまずありません。
アビスパファン、サッカーファンを増やすためにも、これからもぜひ今のスタイルで伝えていって下さい。

中倉です。みなさん、コメントありがとうございました。

まずはお詫びから。

>変化はあったはずです。
>だから中町の得点、岡本の得点があるのでは。

私の表現が稚拙で誤解を与えてしまったかも知れません。
どんな試合にも変化はあるもので、通りすがり さんのコメントは、おっしゃる通りだと感じています。
私が変化があったかどうかは分からない書いたのは、引いた相手に対してどう攻めるかという点において、変化があったかどうかを結論付けることができないという意味でした。
きちんと意味が伝わるように最新の注意を払いたいと改めて感じています。申し訳ありませんでした。

さて、物事は白か黒かで区分けできるものではなく、捉える方向を変えれば、また違った側面が見えてきますし、そのひとつ、ひとつが、それぞれ真実であることも間違いないと思います。また、その側面をどう捉えるかというのは、それぞれのポリシーとも言えるものだと考えています。
皆さんのコメントに耳を傾けながら、自分の行動を振り返りながら、そして、変わらぬ心で福岡を見続けたいと思っています。

みなさん、これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。