「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい現実



 愛媛戦の率直な印象は、過去3年間と同じチームに戻ってしまったなというものです。ほとんど何も出来ない愛媛に対し、ほぼ一方的にボールを握りながらも工夫が足りずにチャンスを広げられない。優位に立っているように見えて、不用意なミスからピンチを招くシーンが随所に見られる。ちょっとしたところで崩れて失点する。そして、失点後は自らバランスを崩して最後まで立て直せない。選手交代の意図もプレーを見る限り感じられない。敗れるべくして敗れた試合だったと思います。

 チーム状態が悪い中では、90分に渡ってゲームをコントロールすることは難しい。だからこそ、慎重に、我慢しながらゲームを進めることが必要だと思っていましたが、チームとしての集中力を欠くシーンや、チームとして雑なプレーが前半から多すぎました。選手1人、1人がサボっているわけではありませんが、チームとしてまとまりきれない状況は、組織として、かなり厳しくなったと言わざるを得ません。田中佑昌、両SBの欠場が影響したことは間違いありませんが、それが主たる要因ではないように感じています。

 シーズンの中には厳しい時期もあることは理解していましたが、開幕直後の選手のモチベーションの高さ、自分たちの足下を見つめる姿勢から見て、これほど早く、しかも両極端にチーム状況が変わるとは想像できませんでした。唯一心配だったのは、選手のモチベーションが高いからこそ、敗戦が続いた時の対処が難しいだろうということ。自分たちなりに精一杯やっているのに結果が出なければ、やがてモチベーションは下がっていくからです。

 チームの力を考えれば、いまの戦術に大きな問題は感じていません。ただ、それを実現するための手段に工夫が足りていないように思います。出来ていたことが出来なくなったことに対して選手の意識に問題を求めることは当然ですが、同時に、具体的な手段を用いて改善することも欠かせない要素。求めるものは同じでも、それを実現するための手段は見直す必要があるように思います。

 その手段は一つではありませんし、見つけるのことは簡単ではないかもしれません。それでも、5試合続けて結果が出ないということは、結果論ではなく、何かを変えなくてはいけないことを示していると言えるもので、同じことの延長線上で対処しても同じことが繰り返されることになります。監督、コーチ、選手それぞれが問題点と向き合って、具体的に手段を変えることが必要だと感じています。幸い、2日は試合がありませんから、気持ちをクリアにして改善に取り組んでほしいと思っています。

コメント

アウェーの敗戦はライターさんにも応えると思います。

岐阜戦前の雁ノ巣練習で何かギクシャクした空気を感じて不安になったのを思い出しました。

接触して倒れている選手に声もかけずに次のプレーに入ろうとするのを見て違和感を感じたからです。

思い過ごしかもしれませんが中倉さんは最近雁ノ巣でそんな印象を持たれたたことはありませんか?

微妙な質問で申し訳ないです。

奥歯に何か詰まった感じが・・・・
早く手を打たないと又1年無駄にしてしまう気がします。長くやっても伸びしろが感じられないのなら、これからも改善は無理でしょうね。


早く手を打たないと又1年無駄にしてしまう気がします。長くやっても伸びしろが感じられないのなら、これからも改善は無理でしょうね。

不運な連敗でも何でも無いでしょう。
システムが崩壊しているゆえの失速だと思います。
甲府、札幌、富山ともチームとして相手が未熟なうちに対戦できたからこそ勝利を収めることが出来たわけでしょう。

特にうちはアタッキングにおいてもう限界を迎えていると強く感じます。
監督の選手起用の未熟さもそれに拍車をかけていますが。

昨年末のサポカンで森下強化担当は
言いました。
結果がでなければ私が判断すると。
その時期に来たと思います。

決定機にちゃんと決めてれば負けてない試合だってあった。柏戦はユースケのパスミス、ヴェルディ戦はダイキの、鳥栖戦はナギの中途半端なプレー、他には審判の不可解なジャッジとか。
確かに選手交代がおかしいところとかあるけれど不調の理由全てを監督のせいにして監督を代えろとか言うのはおかしい。

ご来松ご苦労様でした。
厳しくとも福岡愛に溢れた記事をいつも楽しみにしております。今後も、期待しています。

中倉です。

みなさん、コメントありがとうございました。
どうにもレスのタイミングが悪くて申し訳ないのですが・・・。結果論みたいなレスになってしまっていても、ご容赦ください。すいません。
重なっているコメントもありますので、まとめてレスさせていただければと思います。

まずは、そして、愛媛から失礼します さんへ。

コメントありがとうございました。
松山にはサッカー以外に縁がない私ですが、松山の町は私が大好きな町で、試合前のスタジアムの雰囲気も非常にいいところだなと常々感じています。そんなこともあって、いつも東道後の温泉に入り、試合までの時間を大街道、銀天街あたりをブラブラと歩きまわっています。愛媛も、福岡も、実り多い1年になることを祈念しています。

さて、
>接触して倒れている選手に声もかけずに次のプレーに入ろうとするのを見て違和感を感じたからです。

よくご覧になっているなと感心しています。
私は、それほど大きな変化は感じていませんが、逆に、ほぼ毎日見ているので、小さな変化に気がつきにくくなっているのかも知れません。

ただ、選手の雰囲気がどうということよりも、東京V戦を引き分けた後、少々、練習のやり方が変わった時期があり、東京V戦を終えて、何か危機感というか、普段トレーニングでは改善できない修正点のようなものをスタッフが感じていたのかも知れません。

その後は4連敗、そして熊本戦での快勝と続いたわけですが、ここまでで分かったのは、無失点に抑えきるだけの守備力はまだ身についていない、だからと言って大きく崩されることはない、そして、引かれた相手を崩すアイデアに欠けているけれども、スペースがあれば圧倒的ともいえる攻撃力を発揮できるということだと思います。これはシーズン前からの傾向で、これが今のアビスパの姿ということだと思います。
まさか4連敗するとは思っていませんでしたが、負けるならああいう形だろうし、勝つのなら、やはりああいう形だろうと開幕前から想像していました。そういう意味では、4連敗したアビスパも、大量得点を奪うアビスパも同じアビスパと言えると思います。悪い部分が強調された試合と、いい部分が強調された試合の違いだなと感じています。

得点については、相手のコンディションが悪かったことが影響していることも確かですが、だからといって、3点、3点、5点、6点というスコアが出るわけではなく、今年の福岡が持っている前へのスピードとパワーは評価すべきだと私は思います。また、最大のストロングポイントを活かした戦術をとるのは当然のことで、いまの福岡の戦術は悪くないと思っています。問題は戦術自体というよりも、引かれた相手に対して攻め手を持っていないことだと私は思います。武器はあるけれどもバリエーションが少ないということですね。

ラストサードをどうやって崩すのかという命題は、どんなチームも変えている問題ですし、最後のアイデアは選手個々にゆだねられている部分でもあります。しかし、だからと言って選手に工夫を求めるだけでは何も解決しません。選手が考えられるような環境を具体的なトレーニングの形で用意することが必要で、それか監督・スタッフの役割なのだと私は思います。その部分について、どうやって策を施すかというのが、これからのポイントだと思いますが、戦いながら修正するというのは意外に難しいもので、具体的には中断期間に手を付けるのではないかと思っています。

そして、チームは組織であり、全ての責任が監督だけにあるという考えは私は思っていません。また、経営状況が極めて苦しい福岡においては、その他の要因も含めて監督・スタッフを決めざるを得ないという側面もあります。また、相手にとって福岡がどのようなクラブに見えるのかという問題もあります。
現実的な面で物を言えば、今の監督・スタッフ、選手で今シーズンを戦って結果を残さなければいけないということだと私は理解しています。やれないではなく、やらなければいけない状況にあるわけで、だからこそ、1人、1人の責任は重く、1人、1人が変わった姿を見せなければならないのだと思います。ぜひ、それを行動で示してくれることを期待しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。