「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本vs.柏@水前寺陸上競技場



 24日は、水前寺陸上競技場で行われた熊本-柏の取材に行ってきました。入場者数は5156人でしたが、スタジアムの外に設置された売店は相変わらずの賑やかさで、ゴール裏の赤いサポーターも熱もスタジアム全体に伝わってくるものでした。今シーズンは開幕から好調を維持していますが、これから育っていくチームの勢いのようなものを感じました。福岡も見習わなければいけないことがあるように思います。

 さて、試合は2枚のブロックを作って守る熊本と、高い位置から仕掛けて攻め込む柏という予想通りの展開。ただし、熊本は若干、腰が引け気味。上手く守るというよりも、何とか頑張って最後のところで跳ね返すと言ったゲーム展開でした。そんな中、柏は26分に近藤直也がCKのチャンスに頭ひとつ抜け出して先制点をゲット。30分にもセットプレーからの混戦の中での競り合いから、熊本のオウンゴールを誘って追加点。これで、ほぼ試合の行方は決まってしまったように思います。

 熊本にしてみれば、前半は0-0でしのぎたかったところ。セットプレーからの2失点は悔やまれるものでしたが、この日の柏は、非常に落ち着いており、ゴールが生まれない展開にも、高い位置からのプレスを繰り返し、奪ったボールを丁寧に回してリズムを作り、そして楔のボールを打ち込むことを徹底。そうすることで無言の圧力をかけていたように思います。熊本がセットプレー時に一瞬の集中が切れたのも、柏の強さの表れだったと感じています。

 ただし、熊本もやられっ放しだったわけではありません。後半に入ると3バックにシステムを変更。柏がフランサを投入してチームのバランスが崩れたことに乗じて、ジワジワとリズムを刻み始めます。そして、70分に松橋章太がゴールを奪ったのをきっかけに主導権は熊本に。ゴールには至りませんでしたが、「最後まで諦めない」という熊本らしさが感じられるゲームでした。後半の頭から勢いが出ていればとの思いもありますが、それは、これからの課題といったところだと思います。

 試合を振り返れば熊本の完敗でしたが、攻めるにしても、守るにしても、昨年とは違う統一感のようなものが感じられ、変わりつつあるチームの空気が感じられる試合でした。
 最後に柏のフランサについて。この日は後半からの登場でしたが、まだコンディションが整っていないのは明らかで、それがチームのバランスを崩す最大の要因になっていました。けれど、それでもゴールを決めてしまうのがフランサらしいところ。厄介な選手が戻ってきたものです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。