「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも心を折らずに

バックスタンドに続く長蛇の列
長い列を作って開場を待つ福岡サポーター

 千葉戦では久しぶりにチームに落ち着きのようなものが戻ってきた福岡ですが、それでも1-3の敗戦。福岡は依然として苦しい状況に追い込まれています。川勝監督就任後、攻撃的なサッカーと、意識の変革のためにチームを3つに分けて徹底した区別を導入した福岡ですが、一時は変わるかに見えた姿も、結果として悪い方向へ行ってしまったと判断せざるを得ません。自分たちのベースを失った福岡にトンネルの出口は見えていません。

 J1で戦うチーム編成ができなかった福岡の力不足は認めざるを得ません。そういうことでは、とにかくトレーニングするしかないのかもしれませんが、同じことをやっても同じ結果の繰り返し。選手だけではなく、現場スタッフ、フロントを含めて、自分たちの行動を見直す必要があると思います。既存の慣習や、自分の考え方に固執せず、誤りは誤りと認めた上で、もう一度クラブが一丸となるには何をすればいいのか。立場を超えて原点を見直す必要があるように思います。

 そして、クラブの外側にいる私たちも、なぜチームを応援しているのか、その原点に立ち返らなければいけないと思います。チームを応援している理由は人それぞれ。立場もそれぞれ。でもチームを大切に思う気持ちは同じはずです。選手たちが苦しんでいるいま、彼らに力を与えるために何ができるのか。現状を変えるために何を行動すればいいのか。それを考えて実行に移すこと。それが最も求められているのだと思います。

 千葉戦のスタンドでは、様々な行動が見られました。今まで以上の声援を送る人も、チラシを巻いたサポーターも、ゴール裏で応援をしたサポーターもいました。そして、ネイビーのものを身につけるサポーターも増えてきたように思います。批判のための批判や、ネガティブな思想は何ももたらしません。チームのために何ができるか。自分も当事者として考え、そしてそれぞれの立場で行動に起こすこと。それが我々がやらなければいけないことだと思います。

 変わらぬ現状と、何をしたらいいのかという悩み、そして、何かを変えなければいけないという気持ち。心の中は様々な思いが渦巻いています。でも原点はひとつ。アビスパ福岡というチームを愛しているということ。それさえ忘れなければ、私たちにもできることがあるはずです。それぞれの立場で、それぞれができることをすること。いま我々は試されています。

コメント

そのとおり!だと思います!
福岡にアビスパがある限り支援し、応援する。
今シーズン開始早々、中倉さんは我慢と継続を
掲げていました。ここで、我々が折れてしまったら、混迷のフロントと同じことをしてしまう!
今、我々が試されているような気がします。
ファン、サポーターが離れてしまったら、J2どころか、ライオンズと同じように、消滅してしまう。と思います。ホークスが、負け続けていたころ、負け試合にもかかわらず多くのファンが足を運んでいたからこそ、今の地位があるのだということをもう一度思い出しました。よく負けていたな~。
でも、負けるのがわかっていても見にいったなあ~。
補強不足?監督解任?守備型か攻撃型か?
営業努力不足?もういい!アビスパを福岡を
応援しつづけることが、大好きだから!
自分の子供と一緒ですよね。そう思うと
駒場、大分、アウェー2連戦が楽しみになりました。負けっぷりも、最後まで見届けにいってきます!

1978年11月 平和台球場  ライオンズ・巨人vsシンシナチレッズ 日米野球を覚えていますか?。
ライオンズが去っていった日です。あの日泣きながら歩いて帰った事を一生忘れる事はありません。     成績以前にファンが球団を見捨てたんです。
アビスパがそうならないように応援しつづけようと思います。

ジェフ戦

シーズン前、中断中にフロント(長谷川)がまともFW補強できてれば確実に勝てたゲームだった。
フロントのこの罪はかなり重い。

ひとまず

選手を色眼鏡でしか見ない川勝・長谷川は辞めて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。