「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やり続けるだけ



 戦って、課題を修正して、チームの成熟度を上げ、そしてまた戦う。リーグ戦はこの繰り返しです。大事なことは、いい時も、悪い時も、自分たちのやるべきことから目をそらさずに、チームとしての軸をぶらさないこと。勝ったからと言って驕らずに、敗れたからと言って慌てずに、とにかく、やり続けることが大事だと思います。勝負の世界では結果が全てですが、その結果を得るためには、自分たちがやるべきことを積み重ねる以外に方法はありません。

 そして、正解がないと言われるサッカーでは戦術も布陣も千差万別。それぞれに好みはあっても、これをすれば必ず勝つなどという戦術も布陣もありません。その中で大事なことは、自分たちの特長を活かすべく、選択した戦術をチームに徹底して植え付けることと、実践の中でチーム戦術をやりきることです。それがチームのベースと呼ばれる部分。ベースを持たずに戦えば、それは出たとこ勝負としか言いようがなく、1年間の成績で争うリーグ戦を勝ち抜くことはできません。

0421_02.jpg
0421_03.jpg
 さて福岡です。水戸戦後のブログにも書いた通り、東京V戦と岐阜戦で見られたようなバランスの悪さは解消されたように思います。コンパクトなゾーンから、高橋泰、大久保哲哉を起点にして、2列目から永里源気が斜めに入っていく形から、何度もチャンスを作れていました。

 その一方で、決定力、ラストパスの精度、そして攻撃のアイデアなどが不足しているという問題も感じます。しかし、最も気になるのはボールに関わる人数。開幕当初は、複数の選手でリズミカルにパスを回してゴールに迫るシーンが多くあったように思いますが、最近の試合では、ボールに対して絡む選手が減っているように感じます。

 それは戦い方に問題があるというよりも、微妙なズレから来ているもののように思います。自分でも気がつかないほどの僅かな躊躇や、ほんの少しの安心感、あるいは勝てないことで、開幕当時と比べれば守備に重心が行っているのかもしれません。大きく崩れているわけではないと思います。けれど、高いレベルで拮抗しているプロの世界では、見逃してしまうほどの僅かなズレが勝敗を決してしまいます。

 だからと言ってサッカーには特効薬や、メディアが使う「○○マジック」などと言うものは存在せず、結局のところ、足りない部分、やれていない部分に真摯に向き合ってトレーニングを積むことでしか、僅かなズレを直すことはできません。そして、3戦勝ちなしの福岡には、その上で次節の鳥栖戦で勝利することが求められています。苦しい時でも、やるべきことをやって勝利を掴むのがプロの姿。鳥栖戦ではプロの姿を見せてほしいと思います。

0421_04.jpg 0421_05.jpg 0421_06.jpg

コメント

少人数体制から来るマンネリではないでしょうか。

発想の転換、アイデアのバリエーションをアドバイスしてあげることが大事だと思いますね。

鳥栖戦は監督力にも注目したいと思います。

ハイブリッド さんへ

中倉です。コメントありがとうございました。
レスを付けられずにいるうちに、鳥栖、愛媛と敗れて、ますます苦しくなってしまいました。

ハイブリッド さんがご指摘の通り、発想の転換、アイデアのバリエーションを監督が、どうアドバイスできるか、どうやって具体的に示すか。それが必要に思います。監督自らも変わった姿を見せてほしいと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。