「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、仕切り直し

泥臭いプレーで中盤を支える中町公祐。いまや福岡には絶対に欠かせない選手だ。

「岐阜戦は、今まで自分たちがやってきたコンパクトなサッカーが出来ていなかった。もう1回原点に戻って、自分たちのやってきたサッカーを思い出して、そこをしっかりとトレーニングで徹底したい」。丹羽大輝をはじめ、多くの選手たちが同じ言葉を口にする福岡の今週のテーマは原点回帰。14日のトレーニングでは、ボールホルダーに対して素早くアプローチを仕掛け、それに連動してボールを取り切る守備の確認に重点が置かれていました。

 サッカーには正解がないと言われるように、その戦い方は千差万別。どれを選択するかということよりも、選択した戦い方をどこまで徹底できるかが重要です。相手がいる以上、相手の出方に即した戦い方は必要ですが、それは相手の良さを消すことが目的なのではなく、あくまでも自分たちのストロングポイントを活かすことが目的。自分たちのベースとなるべき戦い方を徹底せずに相手に対応すれば、主体性を持ってゲームを運ぶチームにはなり得ません。

岐阜戦では徹底マークにあった大久保哲哉。彼を孤立させないために周りのサポートが重要だ。
田中誠のコンディションも上々。次節はピッチに戻ってこれそうだ。
 さて、福岡が志向するサッカーは、高い位置から始まる攻撃的な守備でボールを奪い、相手の陣形が整う前に攻守を素早く切り替えて、田中佑昌と永里源気のスピードを活かすというもの。陣形をコンパクトにして互いの距離を近くしておくことが絶対条件です。

 その一方で、対戦相手が福岡の特長を消すべく手を講じてくるのは当然のこと。岐阜戦は、その典型とも言える試合だったわけですが、走り込むスペースを消してくる相手にどう対応するのか、遅攻になったときにどうやって相手を崩すのかという問題も抱えています。

 それでも、絶対に譲れないのが高い位置からのプレッシャーと、それに連動した守備。それが、アグレッシブでスピーディなサッカーを目指す福岡の生命線と言える部分だからです。「去年の成績を真摯に受け止めて、チャレンジャーとしてどんな相手にでもぶつかっていくという気持ちを出すこと。それがなければ何も始まらない」(丹羽)。何よりも優先されるべきは自分たちのベースの部分に立ちかえること。いま選手たちは全力を挙げて、そこへ取り組んでいます。

 そして「岐阜戦は完敗に近い試合。そんな試合を、今シーズンホームで初めて見せてしまった。だからこそ、次の試合では勝点3を取って返ってくることが大事。いいきっかけを掴む試合にしたい」と話すのは高橋泰。仕切り直し、そして福岡の今シーズンを左右することになるかも知れない試合で、自分たちのサッカーを思う存分見せてほしいと思います。

「問題は相手じゃなくて自分たちにある。自分たちのサッカーを思いだしてやることが大事」と丹羽大輝は話す。 好調を維持する中島崇典。悪い流れを変えるためにも、彼の左足に期待したい。 気合いのは言ったプレーを続ける鈴木惇。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。