「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは課題を整理することから

激しくボールを奪い合う姿から岐阜戦にかける思いが伝わってくる。

「いい守備が出来ているから、いい攻撃が出来ている。裏を返せば、いい攻撃が出来ているから、いい守備が出来ているのも事実。守備に気を取られすぎればればおかしくなるし、そこのイメージを今はバランス良くやってくれている。また、攻撃面を見れば、スペースへの動き出しが早くなっているし、ゴール前の人数も増えているので、選択肢も増えて、パスの精度も上がっていると感じている」。練習後、報道陣に囲まれた篠田善之監督は、好調なスタートを切った要因をそう話してくれました。

 しかし、その好調な福岡も順位は4位。首位・柏との勝点差は3しかありませんが、10位の札幌との勝点差も3。上にも、下にも、差というほどのものはありません。チームとしてはいいスタートが切れたのは間違いありませんが、相対的に見れば抜け出しているわけではなく、まだまだ集団の中の1チームでしかありません。大切なのはここから。篠田監督も次のように話します。

自分を殺してチームのために前線でボールを引き出す高橋泰。その姿勢に勝利を求める気持ちが表れる。
田中佑昌にはスピードあふれる突破とゴールが期待されている。
「でもまだまだ。攻撃、守備ともに、もっともっと良くならなくてはいけない。5試合が終わり、更に消化試合が増えていけば、他のチームも我々を分析して、福岡のどこを抑えればいいのか、福岡のどこが弱いのかが分かってくる。しかし、そういう状況の中でも、試合数が減った今シーズンは取りこぼしは許されず、きちんと勝点を積み上げていかなければならない。そのためには、攻守両面においてもっと構築することが必要で、ここまでではなく、ここからどうしていくかが大事」

 選手たちも同じ感覚を持っているようです。「他のチームは課題を修正して、これから良くなってくるばかり。いまのチームは強いというのではなく、調子がいいという状況なので、ここから自分たちの完成度を上げて強いと感じられるようにしたい」と話すのは中島祟典。中町公祐も、「チーム全体で高い位置からボールが取れる守備が出来た試合はゴールまで行けているが、東京V戦ではあまり上手くいかなかった。チームのリズムが悪くならないように、しっかりとやっていきたい」と、これからの課題を口にしています。

 東京V戦は、思った以上に状態の悪いピッチと強風とも戦わなければならず、いつものサッカーができなかった要因は、必ずしも自分たちに起因するものばかりでありません。しかし、執念の同点劇を演じたとは言え、失点シーン、そして同点に追いつくまでのゲームの進め方等、問題点も見えた試合でした。まずは、そうした課題をしっかりと整理して、もう一度自分たちのサッカーは何かを明確にすることが今週のテーマ。まだまだこれから。やるべきことはたくさんあります。

頼れる兄貴・大久保哲哉。7日の居残り練習では念入にシュートを打った。 岐阜戦はラインコントロールもひとつのポイント。丹羽大輝が担う役割は大きい。 好調・鈴木惇。スタメンを目指してボールを追う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。