「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間の始まり

先発メンバー入りを目指してアピールを続ける鈴木惇。

 いつものように週明けのオフを挟んで、今週も次の試合に向けての準備が始まりました。福岡の練習開始日は、まずは体を起こすトレーニングから。と言っても、軽めのトレーニングや、フィジカルに特化したトレーニングではありません。常にゲームを意識した中で、ボールを動かしながらフィジカルコンディションとメンタルコンディションを上げていくのが今シーズンの福岡の特長。ウォーミングアップが終わった後は、早速2組に分かれて、3ラインを意識しながらボールを繋ぎ、奪い合います。

 フィールドの幅をフルに使うことや、タッチ数や、パスの出し方、パスを出す相手等にいくつかのルールが設定されているトレーニングは、豊富な運動量、切り替えの速さ、判断の速さなどが求められ、加えて広い視野を確保することが必要で、少しでも集中力を欠けばボールを奪われ、何も考えずにプレーすれば設定されたルールに違反してしまいます。そのたびに「早く体を起こせ!!まだボーっとしてるぞ」という篠田善之監督の声が雁の巣球技場に響きます。

吉原正人も3試合振りのベンチ入りを目指す。その先に見ているものは、もちろんゴールだ。
3年目を迎えた大山恭平に求められているのは結果。とにかくゴールが欲しい。
 そして、そのあとはゲーム形式のトレーニングへと進むのが、週初めのトレーニングの基本的な流れ。ピッチを走り回ることで体と頭を起こした選手たちは、実戦さながらに激しくぶつかり合っていきます。

 その中で、相変わらずのコンディションの良さを見せるのが鈴木惇です。ここ2試合は途中からピッチの登場して結果を残していますが、狙うのはもちろんスタメン。コンディションを維持するだけではなく、更にレベルを上げようという姿勢が感じられます。

 ここ2試合連続でベンチ入りメンバーから外されている吉原正人も、試合に出るという強い気持ちを感じさせる選手の1人です。Jリーグで十分に通用する能力を持っていることは、周りも、そして本人にも分かっているはず。けれど、ゴールという結果を残さなければ、プロの世界でFWとしては生きていけません。それはルーキーと言えども変わらない定理。時間と経験の積み重ねを待つのではなく、自らの手でチャンスを掴み、結果を出すこと。それを彼には期待したいと思っています。

 そして私の週の始まりは、次節に向けてスタートを切った選手たちのコンディションと、雁の巣球技場の空気感を確認し、最後に選手のインタビューを取るのが基本的なパターン。そして、そのたびに思うのは、どの選手も、真っ先に口にするのは課題だということです。それで成績は3勝1分1敗。好調の要因を一言で言い表すことはできませんが、こんなところにもチームが好調である要因があるのだなと感じています。

東京V戦は自分でも納得していないはず。レベスタのサポーターは永里源気の活躍を待っている。 コンディションが整っている久藤清一がベンチを温めているという事実が、今シーズンの福岡の好調ぶりを物語る。。 中盤に落ち着きをもたらしている最大の功労者。末吉隼也の株は上がるばかりだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。