「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっ・・・・・

 昨日の深夜(というか、本日未明)、原稿の整理が進まないので現実逃避にネットサーフィンをしていたら、あっと驚く記事を発見しました。今年は本当に驚くことばかりですが、松田前監督解任に匹敵する、いやそれ以上の衝撃に襲われています。どこで、何が起こっているのか、全く分からなくなってきました。それでも、まだ確定したわけではありませんし、復帰に向けて必死の努力をしているであろう選手本人を否定するつもりはありませんので、具体的な意見は差し控えますが・・・。もし、事実だとすれば論評する価値もないと思います。

 一般論として・・・
 私はサラリーマン時代に、新規事業の立ち上げと軌道乗せのために100%子会社へ出向していたことがあります。社長は本体からの天下り。役職者の大半は複数の関連企業からの出向者で占められていました。出身会社が違えば物事に対する価値基準が違います。しかも、それは長い期間をかけて形成された文化、宗教のようなものですから、これを統一することは不可能に近い。結果として、それぞれの担当者が、それぞれ単独で物事を決めるということになりがちでした。

 また出向者は基本的には部外者ですから、責任が発生するようなことには傍観者を決め込むか、第三者的に無責任な発言をするかのどちらかです。元会社での自分の立場はほぼ確定しているため、出向先で好業績を挙げても自分の身には返ってきませんし、失敗すれば、出向先から責任を追及されることは間違いないからです。また、好きで出向してきたわけではありませんから、出向先の仕事に理想と夢を見つけられないのも当然のことでした。

 組織というものは、統一された価値基準(いわゆるビジョン)があってこそ機能するもの。ところが組織が組織として成り立っていないのですから、常識では考えられないようなことが次から次へと起こります。しかし、1人、1人は自分の中で培われてきた価値基準に基づいて行動しているのですから、誰も自分が悪いとは思っていません。かくして、組織の自浄作用は失われ、転がるように崩壊へ向けて突き進んで行きます。

 それでも私がいた会社が運営できたのは、中間管理職が私を含め本体職員で占められていたからでした。我々にとっては、新規事業会社への出向とはいえ、実質的には自分の会社。他人事では済まされません。新規事業を成功させようという夢も理想もありますし、そこでの成否は確実に自分に跳ね返ってきます。もともと、本体の100%子会社ですから、「ここは○○会社のもの。あなたの価値基準ではなく○○会社の価値基準に従ってもらう」という錦の御旗がありました。役職上は相手が上であっても、こちらは出向者を雇っている会社の本体職員。肩書きと実際の力関係が逆転しているという事情もありました。もっとも、この手段を使うには相当なリーダーシップが必要とされますが・・・。

 結局、そういうことだと思います。腹をくくってリーダーシップを発揮できる立場を用意し、そこへ適任者を迎え入れること。それだけで組織は大きく変わります。それをせずに腐ったみかんだけを取り除いたのでは、一時的に変わったように見えても、新たに腐ったみかんが生まれて同じことを繰り返すだけです。崩壊しかけた組織をたてなおすためには、緊急処置としての個別対応は必要ですが、加えて根本的な改革を施さなければ結局は何も変わらないということだと思います。

上記は私の本当の経験談です。おそらく、あらゆる組織に当てはまることだとも思いますが。

コメント

先週末は久しぶりに帰郷して博多の森へ行きました。いつもアウェイ専門の身としては柏との入替戦以来の博多の森、18000人以上の来場者という数字に安心したものの、試合内容は今季ワーストだったような気がしました。出場停止の選手がいたからか、新システムを採用するも機能するはずもなく、まったく明るい兆しが見えないどころか明るい兆しが遠のいていくような気さえしました。
そして現状、泥沼にはまり込んだばかりか、誰もが???な補強の記事。当該選手云々は避けるとしても、果たして今の福岡に求められている選手かどうか、議論の余地もないものと思います。一言で表現すると「迷走」ということになるのか、長期ビジョンの欠落が生んだ低迷にせよ、せめて有効な目先の策を期待しているだけに、目先の策にすらなりえない今回の報道はただただクラブへの不信感を募らせるだけです。
大分戦後スタンドから「降格しても選手は移籍出来るがサポーターは出来ない!!」という声が選手に向けられていました。まだ今の段階で諦めている選手はいないと思いますが、2001年、数名の選手がG大阪戦直後の談話とは裏腹に福岡を離れました。この時点で降格の話しをすること自体が気持ちで負けていると思われるかもしれませんが、事実、シーズンの折り返しで既に降格争いのど真ん中です。それも上昇の兆しもなく。スタジアムに足を運び、声を出すくらいしか出来ませんし、諸般含めてのアビスパ福岡ですから応援するしかありません。ただ松田監督解任のタイミングに始まった???なフロントの動きに気持ちが切れそうです・・・

自分自身の体験から出向者がまとまれば勝てるとかいいたいのですか?
今のクラブは、元々福岡と九州に縁がある人材が集まってできていたのに、神戸・読売出身者に実力とは関係なくポストとポジションを独占され、ポジションに追い出されたりしているのに。
自分のプアーな経験を元に回答がでているかのように語るのは止めてください。

>大宰府育ちさん

ご無沙汰しています。コメントありがとうございました。

アビスパ福岡を応援している皆さんは、基本的には大宰府育ちさんと同じ気持ちでいるのだと思います。私自身も頭を抱える毎日が続いていますし、起こることのほとんどが信じられないことばかり。クラブが、どういう方向に進もうとしているのか全く分からなくなってきているのが実情です。

でも、もしかしたら、この苦しい現実に負けないということが、J1残留争いに負けないということなのかもしれません。今の段階では、クラブを信じるに足る材料が少ないですが、でも選手たちをその犠牲にはしたくありませんから、チームへの応援は続けていきたいと思います。今までのように力が出ないのであれば、まずは出来るところからでいいんだと思います。少しずつ、少しずつ。今の自分に出来る範囲で応援していきませんか。

また、いつでも覗きに来てください。

>ゴットライクさん

この文章を書くに当たって、アビスパ福岡のチームを念頭にはおいていません。あくまでも一般論として、出向者を多く抱える組織の運営は非常に難しいということと、組織が正常に機能するためには、リーダーシップを発揮しうるポジションと、それを担う人物が必要だということを書きたかったのですが、私の真意が伝わらなかったのなら、それは私の筆の力不足だと思います。また、これは私の考えであって、これを絶対視するつもりも、他の意見を否定する気もありませんので、ご理解いただければ幸いです。

アビスパのことが念頭にないのなら、アビスパの話題を前座に持ってくるのは止めてください。アビスパのことに絡めての話にしか取れないので、この文章を削除してください。アビサポにとってあなたはいい迷惑です。

(続き)
最近のあなたの文章は全然アビスパ愛がない。
少なくとも読み手に伝わってこない。もう冷め切って愛もなくなったのかもしれないが、それなら
jsgoalに選手に対して気持ちで負けるなとか白々しく一方的に要求するのはやめてくれ。
だいたい気持ちで負けずに勝てるのなら、2001年も降格しなかったぐらい判っているだろ。
川勝監督が1対1で負けるなっていっているらしいけど、あなたは1対1で気持ちで負けるなっていっているだけ。同じぐらい程度が低い。
選手達は、降格争いのプレッシャーと不慣れなシステム、指示、ポジションで四苦八苦しているのに、そんなのを無視して、気持ちで負けるなとかいってどれだけ賛同されると思っている?。
監督、クラブ、サポが混乱して混沌としている中なら、自分が中心となるあるいは中心となるものを指し示して1つのベクトルに纏めるのがフリーライターとしての役割じゃない?
誰も非難しない、冷静になれ、気持ちで負けないでっていうだけじゃ、愛想つかされるだけ。
君はクラブを巣食うダニグループ一味ですか?

>ゴットライクさん

コメントの内容については真摯に受け止めさせていただきます。どなたの意見も私にとっては貴重で大切なものです。仰っていることの意味をよく噛み締めて、自分自身を振り返ってみようと思います。コメント、ありがとうございました。

今回の記事が現実のものとなれば、みんなが抱いている疑念を確信に変わる事件ですね。

これで、借金までしているようであれば、減資した意味がまったくなくってしまいます。

サポーター、マスコミ、会社の中のまともな考えの人、皆が一丸となってNo!というべきときかもしれません。



#ゴットライクさん
久しぶりにこの名前みました。
たのアビスパ愛をみせてほしいです。
アビスパに変革を起してくれる事を期待してます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昨日の試合後は、冷たい怒りと空しさ、失われたものへの悲しみ、いろんな激しい感情に襲われ、なかなか気持ちを切り替えることができませんでした。
せめて、何か希望のもてるものでもあれば、気持ちも違ってくるのでしょうが・・・。
こんな気持ちのままでいるのはつらすぎるので、いま自分にできることをしようと思っています。

中倉さんの書かれた組織についての一般論、オトナの文章として(笑)、大変よくわかりました。
私の会社にも上層部に出向者がいますが、同じような問題点を感じます。
それに、どういうわけか、アビスパのフロントにも当てはまる部分が多いような気がするのは、きっと私の気のせいなのでしょうね(笑)

#ゴッドライクさん
お名前を拝見して、私も懐かしさでいっぱいです。もしかしてあの2001年、2002年以来でしょうか。
無知で判断能力のない社長、無能で有害な強化担当者、付け焼刃で的外れの補強、DFの崩壊・・・と、今年に入って、まるで2001年を彷彿とさせる出来事が続いているなと感じていましたが、ゴッドライクさんまでお出ましとは、まるで符号のようで驚きました。

腰掛け社長

言う事とやってる事が全然違うグループ長。理念なきクラブ運営。
これではまともなクラブ運営できるわけない。

巷で噂されているJSPとクラブの癒着について調べてくれたら嬉しいです。

フロント、監督、サポーター団体・・・彼らの行動がアビスパを崩壊に向かわせたのは明白。
手遅れになる前に、アビスパに巣食う癌を一刻も早く除去しないと。

中倉さんはこの惨状に対して何も行動を起こさないのですか?
問題提起をできる立場にいる人が傍観者というのは無責任でないですか?
こんな状況でも必死に頑張ってる選手たちを間近で見てて何も思わないのですか?

サポーター団体がフロントと癒着している現状では、
一般のサポーターはメディアの力に期待するしかないのです。
有志だけで草の根活動をやっていく時間的余裕はありません。

中倉さんが自分の仕事に誇りを持って、責任を果たしてくださることを期待しています。

アビスパのフロント陣は焦りの色がありますね
アビスパが勝てないのは監督の戦術とシステムによるもの一言につきます
勝つために相手の弱点をついたサッカーがなぜできないのか、サポーターとして疑問に思います
資金不足のアビスパに新しい選手を雇う余裕なんか無いでしょう
弱小チームがJ1に勝ち残るには、優秀な監督の下で、二流選手達をチーム力(組織力)でカバーしながら、試合や不断の練習で彼らを一流選手に育てていくかしかないはずです
組織的にサッカーの練習をしているのか疑問です
バックは4バックから3バックにするのに、FWはなぜか2トップに固定してしまうのが疑問です
アビスパは相手の戦術に合わせすぎています
こちらの戦術に相手を引き込まない限り勝てないでしょう
アビサポの怒りが爆発しないように勝てることを祈るのみです

初めまして、いつもブログ拝見させていただいております。
一サッカーファンのみゆきと申します。

私も、昔勤めていた会社で同じような経験をしていますので、中倉さんのおっしゃりたい事は良くわかります。 
どんな職種であれ、当てはまる事だと・・・。

こんな私でさえも、最近、真剣にJリーグへフロントの現状を訴えたくてたまらない心境です!

中倉さんも、取材をされていて歯がゆい事が沢山あるのでしょうね?!

サポの方たちの中には、中倉さんは「メディアの人」と思われているようですが、「サッカーライター」さんであって、
「ジャーナリスト」でも「メディア」でもありませんから今の状況はとてもお辛いと思います。
ここにも、期待・要望に満ちた書き込みがありますから・・(^^;


サポの方も、新聞・TV関係(メディア)に繋がりのある方はいらっしゃると思うので、一ライターさんに(ごめんなさい ^^;)期待するのではなく、
ずっと長い間観てこられたサポの方々ご自身達がメディアを巻き込んでいくしかないのでは?と、思っています。

地元なのに、アビスパの記事がない現状では、中倉さんの記事まで無くなっては困るので、いろいろな声に負けず今までのスタンスを変えずに
頑張っていただければ嬉しいです。


書く事が下手なのでダラダラ文章になり、申し訳ございませんでした。

大勢の方にコメントをお寄せいただき、大変ありがたく思っています。

まず「管理人のみモード」でコメントいただいた方へ、この場をお借りしてお詫びします。ご指摘の通り私の配慮が行き届きませんでした。大変申し訳なく思います。自分の行動を振り返って、きちんと律していきたいと思います。

さて、次にコメントいただいた皆さんへ、大変申し訳ないのですが、まとめてお返事させていただきます。
ご意見、ご批判、ご要望、そして励ましのコメントなど、多くの書き込みをいただいて感謝しております。以前も書きましたが、私にとっては、皆さんのご意見は、どれも貴重で大切なものです。それぞれのご意見を真摯に受け止めさせていただきたいと思います。

現在のアビスパ福岡の状況については、皆さんと同じく非常に心を痛めております。悲しく、情けなく、納得もいかず、何をどうすればいいのかと思い悩むことも少なくはありません。その中で、自分として何をどうすれば良いのか、しっかりと考えて行動したいと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

中倉さんの、アビスパに対する愛情溢れた取材振りと記事をいつも楽しみにしています。また質問やコメントに対しても真摯に丁寧に対応していただき、感謝しております。

少しずつ積み上げてきたものが、一気に瓦解していく現状に私自身も無力感を感じていて、中倉さんのおっしゃりたいことはよく理解できます。的外れな意見や、筋の通らない中傷にめげず,これからもライター活動に邁進してください。応援しております。

どうやら西スポの飛ばし(ガセ)だったみたいですね…



ほっとしている自分がいます。

ゴットライクさん。懐かしい名前だね。
これからも辛口コメントをばしばし決めてほしいね。

フロントに癌細胞が巣食っている限り、アビスパは強くなれないね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。