「フットボールな日々」は、INSIDE-WEB内のコンテンツとして移転します。ご愛読いただいている方はブックマーク等の変更をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、東京V戦

東京V戦を控えて気合十分の選手たち。

 羽田空港でモーニングコーヒーを楽しみながらブログを更新しています。さて、今日の相手は東京ヴェルディ。現在3連敗中と苦しい状況が続いていますが、前節の戦いぶりを見る限り、チームに変化が生まれつつあるようです。「まずはゲームを戦っているという姿勢を強く見せるというのがテーマだった」と川勝良一監督が話した通り、それまでのゆったりとしたサッカーとは違って、アグレッシブさを前面に出して戦う姿勢が90分間に渡って感じられました。

 具体的に感じられる変化は、ボールホルダーに対して激しくプレッシャーをかけるようになったこと、奪ったボールをシンプルに相手の裏のスペースへ供給するようになったこと、守から攻への切り替えが早くなったこと、そして、個々がドリブルで縦に仕掛けるシーンが増えたこと等々。ゲーム全体では、足下への横パスをつなぎながら相手の様子を窺うサッカーから、非常に縦への意識が強いチームに変化したように思います。

 それでも、彼らが持つ個々のポテンシャルからすれば、現在の組織力は物足りなく映ります。チーム再建中とは言え、高木俊幸・善朗を除けば、先発に名を連ねる選手は実績も経験もある選手。もっと、もっと力を発揮できるチームだと感じています。

 しかし、本来の力を発揮できていないとは言っても、スピードとテクニックのあるドリブル突破は要注意。はまった時のカウンターは鋭く、気を許せば、簡単にチャンスを作られてしまう相手でもあります。

 東京Vが目指す本来のサッカーは、足元へのパスをつなぎながら相手の陣形を崩し、ワンツーや、スルーパスを多用して相手を崩すというもの。そういう意味では、柏戦は「戦う気持ちを表現した試合」であって、「戦術的に変化した試合」ではないと考えています。福岡との試合では、気持ちの部分で前節の戦い方をベースにしながら、そこに東京Vが本来目指しているサッカーを積み増ししてくるはずで、これまでとは違った姿をになっている可能性が高く、過去3戦のイメージで戦うと痛い目にあう危険性があります。

 そういう意味では、布陣も、メンバーも変えてくる可能性がありますが、福岡が気をつけるべきは、相手の出方を窺うような立ち上がりにしないこと。高いテクニックを持っている相手に対して受け身に立てば、ボールを支配されて振り回されるのは目に見えています。いつもと変わらず、自分たちの戦い方をやり切ることが最大のポイント。「攻撃につながるアグレッシブな守備」を90分間に渡ってやり続けることが勝利への鍵だと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。